【パタゴニア】しっかり入り、出し入れも便利。ドライ・ダッフルが素晴らしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【パタゴニア】しっかり入り、出し入れも便利。ドライ・ダッフルが素晴らしい。

パタゴニア ストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフル65Lが入荷しております。
平松慶、近海〜遠征、と場所を選ばず『必ず』持参しているサブバッグです。(小生が使用しているグレーのタイプは、旧モデルになります)
このバッグの特徴は何と言っても「二層に分けて収納出来る」ところ。小生は、片方には衣類を中心に入れ、雨が降って来たらレインを引っ張り出して着用し、雨が止んだらもう片方へぶっ込んで収納。

水分補給の為の水筒やペットボトルなんかもゴロッて入れておき、空腹を満たす菓子パンなんかも一緒に入れてます。
アトム・スリングに貴重品を入れておき、アトムごとストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフル65Lに入れておけば、安心。
また悪天候時、生活防水機能(完全防水性構造)を発揮し、潮をかぶったり、雨からもしっかりと中身を守ってくれるスグレモノ。

1月下旬のインドネシアの旅でも当然大活躍。
行きに入った荷物が帰りには入らない…そんな場面、きっと旅した人なら一度や二度は経験あるはず。
今回、仲間がやはり「入らない荷物」が出来てしまい、小生の持って来たストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフル65Lをレンタル。とても重宝がってもらいましたよ。

平松慶が自信を持ってオススメするパタゴニアのストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフル65L。良品だから得られる価値観を伝えたいですね。
【こちら下記の画像をクリックすると、販売ページに移れます。こちらもご確認下さい】
パタゴニア公式サイト ストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフル 65L フライフィッシング Drifter Grey

#49129 ストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフル65L 税込¥34560-

ストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフル 65L
混ざって欲しくないものといえば種類の異なるアルコール、そして濡れたギアと乾いたギア。
必要に応じてスペースを配分できるコーティング加工済みディバイダーを備えたストームフロント・ウェット/ドライ・ダッフルなら、水が滴るウェーダーで着替えのシャツが濡れてしまう心配がいりません。

片面にTPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)コーティングを施した11.75オンス・800デニール・ナイロン100%素材を使用し、すべての継ぎ目を接合した完全防水性構造で、アクセスしやすい頑丈な大型ジッパー付き。
ロッドチューブ・ホルダー、調節および取り外し可能なパッド入りショルダーストラップ、補強済み持ち運び用ハンドルを備え、下部のコンパートメントにはレーザーカットの水抜き穴が付いています。

外側のジッパー式ポケットと内側のメッシュポケットは小物の収納に便利です。アメリカの国内線のほとんどにおいて機内持ち込み手荷物のサイズ基準を満たしています。

● TPUコーティングを施した耐久性に優れ頑丈なポリエステル素材は完全防水性を提供
● 必要に応じてスペースを配分できるディバイダーで乾いた物と濡れた物を分けて上下に収納可能。開閉しやすい頑丈な大型ジッパー付き
● 補強済みハンドルと取り外し可能なショルダーストラップ付き
● 防水性素材に穴をあけることなく鉗子やピンオンリールを取り付けられる便利なホルダー付き
● 外側にジッパー式ポケット、内側にジッパー式メッシュポケット付き
● ダッフル:11.75オンス・800デニール・ナイロン100%。片面にポリウレタン・コーティング加工済み。内側のポケット:8.26オンス・ポリエステル・メッシュ100%
● 1244 g (43.9 oz)
● フィリピン製
《パタゴニアHPより抜粋》


遠征時にも必ず持参すると、本当に便利だ、と感じてもらえます。また肩から掛けられるので国内線で荷物のウエイトオーバーで「手持ち」しなくてならなくなった場合も、このバッグで空港内を移動出来ます。
当然、機内への手荷物サイズなので安心。

使って「素晴らしい」と感じたものを使用感と合わせて紹介しました。
おススメです。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu