【炎の乱取り祭り】花粉飛び交う気候にも、鼻水よりも大量の汗。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

【炎の乱取り祭り】花粉飛び交う気候にも、鼻水よりも大量の汗。


なかなか更新出来なかった【炎の乱取り祭り】ネタ。3月も後半となると、この季節で最も嫌な「花粉」が小生を悩ませる。朝起きてまず、ハクション。そして両鼻はぱんぱんに詰り、喉がやたら乾く。もう不快満開なシーズンになりテンションは下がり気味なのだが、この日だけはそうは言ってられない。

【炎の乱取り祭り】が日本工学院八王子専門学校の道場で行われる日なだけに、早起きして車で八王子まで走る。

日本工学院八王子専門学校に到着し、道場に入ると既に暖房がキッチリ効いており、俄かに暑い。
あのもわっとした暑さと、道場に通じる廊下のひんやりした温度差がたまらなく好き。

この「暑さ」が好評なのか、とにかくたくさんの柔道愛好家が集まってくる。
宮本功三先生の人柄も人がヒトを呼び、柔道を通じて繋がるのが、この練習会の良いところ。小生、最近柔道の稽古をする時間が仕事の都合であまり作れておらず、稽古出来るのが楽しみであった。

ひとり、ふたり、と次々と道場に愛好家さん達が集まり、いつしか50人を超えている。10時15分、稽古開始で4分×23本の乱取りが開始された。
小生は、「1時間の乱取りを休まないでする」事が今年の毎回の目標。高校へ出稽古に行っても、どこへ行っても「1時間の乱取り」を続ける事を決めている。3年程前は、4分を3本も乱取りしたら、息はあがり、ヒーヒー言っていたが、最近はガッチリ身体を動かせられる様になってきたのだ。

今回の乱取りもかなぁ〜りガッチリとヤらせていただきました。途中、女性の方とも稽古をしたし、大学卒業すぐの若い方ともした。ベテランの方とも、学生さんとも。4分×23本中、18本。後半は2本やり、1本休む、とペースを決めラストまで乱取りに集中する様に意識してみた。

稽古が終わり、座礼が済んだ後も各々の得意技を講習したり、研究する時間で意欲が高い。

解散となっても柔道愛好家の繫がりは、本当に深いもので研究時間が続いたのだ。小生は午後から仕事なので急ぎ気味にシャワーを浴び、帰宅。そして筋肉痛の身体に鞭を打ち、出勤。

柔道の稽古が出来る環境に今回も【感謝】した『炎の乱取り祭り』であったのでした。貴重な「汗」を流し、訛った身体を必死に動かす気持ち良さ。最高です。

芝先生と宮本先生の巴投げ講習会。
4月の予定は、23日。10時からスタートとなっています。興味のある方は、ひと声下されば、色々お教えいたします。
楽しく「暑い」熱い集まりの『炎の乱取り祭り』でお会いするのも楽しみですね。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu