対馬ヒラマサツアー開始【ふとっぱら博多駅博多口店】やっぱ福岡はココから始まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

対馬ヒラマサツアー開始【ふとっぱら博多駅博多口店】やっぱり福岡はココから始まる。

対馬入り前夜、北海道オホーツク海チームふたりと合流し、博多の夜を楽しむ事からスタート。

博多駅周辺のビジネスホテルが宿になり、翌朝イチ便で対馬に入る予定。オホーツク海側からだとどうしてもアクセスが大変で往復に時間がかかってしまう。
パタゴニア
私と神奈川からのアングラーふたりは合流して博多駅周辺で前夜祭乾杯をしたのでした。乾杯した場所は釣り師が代表の《ふとっぱら》博多駅博多口店。1月も同じ店舗で盛り上がったのですが福岡へ来たら最近のトレンドとしてここで晩御飯を楽しむようになり、飲み放題があり、おかずの種類が多いのも嬉しいところ。

九州食材から始まり居酒屋メニューは創作料理とあるのでどれをとっても美味しいばかりだ。

値段もリーズナブルで遠征スタートでのお財布にも優しい。私は大好きな居酒屋さんのひとつになっており、多分これからも毎度のコースになりそうな予感がする(笑)

店内に入ると壁一面に魚の絵が。それ自体にホッと和む。まずはコース選択。飲み物は飲み放題にして黒ビール大ジョッキをお願いした。

痛風持ちの人達はレモンサワーで乾杯。さっそくガブ飲み安心ポッキリ明朗会計飲会開始となったのです。食べたいものをタッチパネルでアレやコレやを頼み始める。

私の次にノリさん、コージさん、吉田さんと続く。皆ダブる事なく色々な料理がたくさんの種類で食べられるのが楽しいところ。人数が少ないと頼む種類に片寄が出てバリエーションが乏しくなる。

人数が男4人もいれば、それはそれで盛り上がるのだ。私は今回もカンパチのゴマ和えから。ゴマサバに似たタレが脂たっぷりのカンパチ身と抜群に合う。

それにだし巻き卵。「タマゴ先輩」だから、どんな時もタマゴを食べていなくてはならないのである(笑)。

神奈川から参加の吉田さんは福岡出身だから、色々福岡の料理を教えてくれる。ひと口餃子や鉄板モノなどアレコレ教えてくれながらご当地料理ネタ。

みんな翌日からのヒラマサ狙いを直前にワクワクしながらお箸をつついたのでありました。

飲み放題は2時間ポッキリ。最後のシメは《ラーソーメン》。甘いながらもお出汁が効いた醤油で食べる冷えたラーソーメン。飲んだ後に食べる冷えた口当たりがいくらでも別腹ごとく喉越しもよく入っていく。

飲みの後に食べるラーソーメン、別格に美味しくいただきました。


パタゴニア
さあ、福岡の夜も終了。翌日からの釣りに向け早く部屋はしっかり保湿器MAXにしてベッドに各々入ったのでありました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu