GWもラストですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

GWも、今日で一般的にはラスト。
TVでは、渋滞のネタが満載ですよね。帰省、旅行、と皆さん楽しんだのではないでしょうか。
僕はGWは、お店にほぼ居ました。GW中に渋滞の中ご来店下さった方、
本当にありがとうございました。
さて、今日は「生き物」の話しでも。
僕はご存知の通り、「釣り」にちなんだを職業にしており、生き物に対する意識は、 たぶん他の職業の方よりも強いと思います。
実は、数ヶ月前から自宅でワンコを飼い始めました。

このワンコとの出会いは、僕がとても尊敬している方のお店に
ふっと寄った時に出会った「娘」なんです。
「釣り」というジャンルの職業は、自然との絡みが絶対であり、
そういった部分で生き物への関心は昔から持っていました。
熱帯魚に嵌った時などは、120の水槽2本、90の水槽4本、60の水槽が
4本・・・、と。
主に水生植物がメインでしたが、手間隙かけて凝ってました。
さて、「ワンコ」の話しに戻りますが。
なかなか許される環境もなく、「いつかは欲しいなぁ〜」と
思っていた部分もあり、ハッキリ言って今回、衝動買い。
ただ、こいつを13年間、しっかりと育てていこう!と考えると
経済的にも、環境的にも、たくさんの不安はありました。
しかし、それらすべてを「釣り」に置き換えた時、ひょっとしたら
「釣り」に少しでもプラスになるのでは?そんな考えもありました。
どんなに二日酔いで朝帰りしても「ワンコ」は尻尾を振って
出迎えてくれます。
そんな時は、とびっきり臭いウンチをしてくれ、僕に「取って」と
せがむ目で見てきます。
雨降りは、散歩には行きませんが、その分猛烈に遊んでやらないと
「ワンコ」は、フテてしまい、ナメた態度をしてきます。
「釣り」に対して・・・と、勝手解釈を入れてしまいましたが、
実は、魚への考え方も、「ワンコ」への考え方も、「生き物」として
接し方を理解しながら対応していく上で、共通点を感じています。
もうひとつ。
当店(ゴルディック)にご来店下さった方は感じていらっしゃると
思いますが、当店、やたらと植物が多いと思います。
店内の至る所に観葉植物を育てており、まるでジャングルのような
時期もありました。

観葉植物といっても、毎日植物に合った水やりや、霧吹き、湿度と
接し方を考えてあげなければ、枯れてしまいます。
今では、挿し木にしたり、株を増やしていくつもの鉢が増えています。
クワガタも、そうですね・・・。
マットを作り、産卵させ一時は菌糸瓶だらけの店になってしまったことも
ありました。
これも「釣り」に通ずるものがたくさんある、と思い可愛がっています。
生き物を大切にする。気持ちよく接する。これってほんと人間には
見えない「何か」を感じ取れるものなんですよね。
少しのケアや、見方、考え方、接し方でこちらに靡いてくれることも
知れば、まったく無視をされ通じない怖さを知ることも出来ます。
「釣り」への執着心の為に育てているだけではないのですが、
「釣り」への執着心と、慣性を高めていきたいと思い、向き合って
います。
現場に出たら、僕も「生き物」です。
「生き物」同士、どう騙し合うのか、がルアーゲームの懐です。
何となくジグを落とす・・・も、「釣り」。
その場の環境を考えてジグを落とす・・・も「釣り」。
現場で困ったら海を見て、潮を見て、風を感じ、鳥、漁師、船上、と
得るものはすべて吸収して「ジグ」を落とすはず。
日常でも、そんな「釣り」への環境状況に触れ易いような自分の勘を
研ぎ澄ませておきたい。
しゃべることの出来ない「ワンコ」。
しゃべることの出来ない「観葉植物」。
しゃべらない「ヒラマサ」を感じるヒントにしたいものだ。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu