メンテナンス完了〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

これからの時期、ジャケットと共にこのシューズの出番が多くなるので、夏の時期、下駄箱に放置していたお詫びに、ワックスで磨いて上げました。今年で5年目。毎年秋から冬までが出番(笑)
image
パタゴニアのシューズの中でも、あまりフィールドを意識しないデザインであったので、ブレザーに合わせたり、Gパンと合わせても、こぎれいな場面で履く様にしてきた。この靴は、横幅が広く、皮なので足型になじみ、疲れにくい。だから、これからも長く履き続けたいのと、パタゴニアでのシューズのリリースが終了してしまったので、本当に大切にしているのだ。ワークブーツなども持っているが、それはもっと寒くなった時にと思っており、今の季節には、本当に重宝している。
image
まず、靴全体の汚れを拭き取り、布にワックスを付けて、薄めに塗って行く。同じ箇所を何度も重ね塗りするのではなく、均等に薄くワックスを伸ばす様に塗って行く。
image
そして、乾いたタオルで、ワックスを拭き取り、皮の表面をツルツルになるまで磨いて行く。そうすると、深い茶色の皮の表面に光沢が生まれ、柔らかくなり、味が出て来る。何度も薄く塗り、拭き取り、を繰り返し、出来上がり。
image
塗ったワックスは、ウォータープルーフの効果もあり、雨の日なども、皮の表面を水滴から守ってくれる。
image
写真ではわかりにくいけど、なかなかきれいに満遍にワックス塗りが出来て満足〜。
image
次はいつ、履こうかな〜。
image

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu