冬支度!アウターにインナー、足回りも全て重要。しっかりとチェック。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

冬支度!アウターにインナー、足回りも全て重要。しっかりとチェック。

本格的に寒くなってきましたね。オフショアがメインの私にとってこの季節は「釣れるけど、寒さがツラい」
沖仕事になるため、防寒対策は欠かせない。パタゴニアのウエアーは、そんな過酷な環境下でもしっかりと身体を保護してくれ、フィールドで十分な能力を発揮させてもらえるアイテム。だから、まちがいなくお勧めする。アングラーからよくこの季節に質問されることは、「靴(下半身)のケアはどうしてますか?」これは、皆さんかなり悩んでいるようで、私も今まで様々な防寒靴を履いてきた。でも、最近はアウトドアブランドの雪山用シューズが気に入っており、好んで使う様にしている。image
オフショアゲームにおける私のシューズ選びの特徴はいくつかありますが、まずはやはり、保温性。常にデッキ、釣り座で立って釣りをするので、足下が冷えて仕方が無く、集中力も途切れない様に、完璧に保温したいので、重要視します。そして出来る限りの防水性。「濡れると、最悪…」海水に浸かった靴ほど、翌日「臭い」ものはない(笑)泣ける程、臭い〜。
私は臭いのが、絶対に許せないので(笑)なるべく船上で足下を濡らさない様にしている。夏などは、まあ仕方なく、遠征でない限りシューズも帰宅後に洗えるので、まだ我慢出来るが、冬場は濡れて冷えて、臭って!の3拍子ほとツラい事は無い。image
だから、出来るだけ防水性の高いものを選ぶ様にしている。そして、デッキソールのもの…が絶対に良いのだが、防寒性が高く、保温性があり、防水力を持った、ソールがデッキソール…そんなものは、ない!(もしあれば、履いてみたい)
だいたいのものは、雪山を意識しているソールになっており、ラジアルタイヤの様な、ゴツゴツしたソール。だから、その中でも選ぶポイントとして、ソール部分が柔らかいもの。これを重要視している。春、秋はデッキシューズで対応するようにしているが、寒い冬はシューズでは保たない。だから、写真の様な、ゴッツイ靴を履く様にしています。image
今、一番気に入っているのは、パタゴニアの暖かいボアが入ったもの。これ、絶対におすすめです!厚手の靴下と、インナーをしっかりと組み合わせる事で、極寒地以外なら、十分対応出来ると思います。私は、対応出来ていますよ。
ただ、販売は昨年で打ち切り。どうしても欲しい!という方は、パタゴニアに問い合わせてみるか、オークション等で探してみては、イカかでしょうか〜。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu