【炎の乱取り祭り】高段者大会に向けて、調整が…ガッツリ追い込み稽古に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【炎の乱取り祭り】高段者大会に向けて、調整が…ガッツリ追い込み稽古に。


4月28日に高段者大会があり、それに向けての稽古予定を宮本功三先生がうまく組んで下さり、ひとり「日本工学院八王子専門学校」の柔道場へ。今回もたくさんの高校生や、専門学校OB.OG、柔道愛好家などが集まった。

普段出稽古などでお世話になっている大学の監督や高校の監督、道場の先生方々もこの日は多かった。これは皆、28日の全国高段者大会に向けての稽古調整なのだ。

小生、この所ひとりで午前中の練習時間には日本工学院八王子専門学校へお邪魔しており、それなりに身体は動かしていた。しかし、大学生や高校生らと、高段者大会にエントリーされている方々は違う。どしっと構え、ズバッと技をかけてくる…そんなイメージの稽古をしないと、と考えていた。

今日も道場内は暖房がMAXに効いており、アップ時からジトっと汗が湧き出る。

体重86.6kg。昨晩の晩酌分がそのまま残っている。重い身体は、お酒のせいだ。

さあ4分×22本。10時15分乱取り開始。
小生、スタートの1本目からまず、10本を休まずに続けた。老若男女問わず、とにかく「休まない」事を意識して乱取り。
10本目が終わり、少し水分補給をし、また次の相手を見つけては乱取りをする。22本中、17本結局乱取りさせてもらえ、終了時にはぶっ倒れそうに、グッタリ。

すぐにシャワーを浴び、後藤先生に背中と左手中指を治療してもらう。

稽古後のケアを雑にすると、必ず後に響く。疲れをしっかり取る、まではいかなくても、疲れを軽減させる意識を常に持たないと、この年齢でやっていけない。怪我をまず第1に注意し、永く柔道を続けたいから。

怪我後に再び体重を測定。81.3kg。
なんと、マイナス5kg。これは、やりすぎた…。fbにアップした後にたくさんの先生方々から叱られた。

「危険行為です。倒れますよ」この言葉に、ドキッ‼️
水分補給をしっかりしたつもりだったけど、ついつい、追い込んじゃう小生。反省だ…。今回も怪我なくしっかり高段者大会前の稽古が出来、この稽古が出来る環境に【感謝】ばかりです。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu