お気に入りのルアーは【貝田ルアー】マナティーシリーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

インドネシア〜バリ・ロンボクをはじめ、国内では沖縄本島
奄美大島〜トカラなどでここ最近、頻繁に特に気に入って使用しているルアーがシェルシェーピングルアーズマナティーシリーズです。

何がいいって・・・?

アクションが、良い。
安定した飛行姿勢が、良い。
ポッピングの強弱が、付けやすくて良い。
曳き重りが、なくて良い。
水面でのバランスが、良い。

・・・よって、釣れる。信用出来る。信頼している。・・・のだ。
まあ、簡単に言えば、平松のパイオニアルアー、とでも言えるんじゃないかな〜。
だって、ほんと魚獲ってるし食い渋っている状況を打破してくれるルアー
なんですよ。マジで。
シャローエリアでも、ディープのベイトに付く状況でも魚を出してくれる。
これが、このルアーの最大の強み

アゲインストでのキャストが必要な時に、的確にポイントにキャストすることが出来、追い波でのアクションバランスも素晴らしい
トレバリーがバイトして、通称「食み食み・ハミハミ」させてる時に
少しロッドティップでルアーを揺すってやるようにすると、懐に入れるように食い込んでくれる。
ボディーが若干扁平になっているので、咥えた時の噛み心地ももしかして
良いのかも♡・・・なんて、思ってしまうくらい。
ま、それは冗談としても、横波に対しての安定が良いので、水面でアクションを付けた時のバランスが他のルアーに引けをとらないので、アピール力が増すはず。それが、誘うタイムを伸ばしたり、タイミングが良かったりするんだろうと思っている。

とにかく、これだけタフなフィールドを好んで行っている僕にとって
最も信頼出来るのがこのシェルシェーピングルアーズマナティーシリーズなんですね。
今回、お店の入荷速報ページにもUPしましたが、春からのトレバリーシーズンにかけて、是非、お勧めしたいルアーなんですよ。
http://staff.goldic.net/(リンクとぶかなぁ〜???)
今までとっても僕が良い目をしてきたルアーです。
今シーズン、釣行を予定されている方は、是非ボックスに忍ばせて行ってくださいね〜。
荒れた時、特にお勧めですよっ

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu