昨日は。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

2年前までお世話になっていた、「WILD-1厚木店の棚卸アルバイトとして
しっかり働いてきました。
06年の6月末に退社し、半期に1度の棚卸アルバイトとして今回で
5度目??にまります。
今まで旧所では、社員として当日アルバイトの方にお願いする側でした。
その頃といったら、やっぱり社員だったので、ロス率とか、棚卸の精度に
気を取られ、本音周りをあまり見れていませんでした。
旧所を退社し、2年ほどになりましたが、大きくは棚卸の手順も変わっていません。
だいたい、内容は、把握しているつもりです。
まして、10年みっちりOPENから居たお店ですので、見なくてもいいところ
まで、見えたりしてしまいます。
あっ、これ俺のポップだ」とか、「ここ、こうしたらいいのになぁ〜」とか(笑)
現状は、釣りの担当者も一緒に働いているフロアーのスタッフも変わっているので、ああだの、こうだの、なんて、もちろん言える立場でもなく、
言うことも失礼にあたるから言わないけれど、僕がこうして毎回旧所に来て
働かせて頂くのは、「自身を見直す」ためのこと。
現在置かれている自分の職場、売り場を客観的に見直すことも出来るし、
自分のそれまでの行動も、反省することが出来る。
それは、アルバイトの方に対しての業務説明であったり、当日スタッフへの
配慮であったり、また、組織の流れも、運営という部分で勉強になる。
独立して平松さん、いいですよねぇ〜」とみんなが言ってくれる。
うんうん、もちろん独立の良さは、たくさんあるよ。」と答えている。
でも、まだまだ僕は、学ぶことが多いし、学びたいし、向上していきたい。
それは、人と人との接し方であったり、もちろん営業面でもそうだけど、
販売のノウハウ以上の大切な部分は、やっぱり人とのコミュニケーション
なんじゃないかなぁ〜・・・なんて思ったりする。
お客さんとのコミュニケーションは、当然のこと。
でも、もっともっと学んでいかなくてはいけないのは、人と接するひとの
お手本にならなければ・・・ということを、感じたのだ。
物凄く難しいと思う。常に自分を正していかなくてはならないから。
でも、自身を磨けば、きっと人はそんな姿勢に共感をしてくれるはず。
その姿勢を常に見つけにいきたいから、人と会い、そして、学びたい。
今回、手にした額は、ずばり日当6000円
残して溜まっている仕事をクリアーしたら、この額に値しないのは
わかっている。
でも、お金の額では得られないものを今回も頂いてきた
自分のノートにたくさん刻んできた。
この大切なものを、これから自分にどう活かしていくか。これが大切であり、
これを学びに行ってきた。

久しぶりに、「ビシッ!」と背筋にを自分で入れたい。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu