「J.I.Gジギングフェスティバル」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

明日より浅草で2日間、「J,I,G」主催のもと、ジギングフェスティバルの
開催となります。

ホッツブース、エキスプレストラベル、オーナー、サンラインのブースが
主に僕が行き来しているブースとなります。
今回は、15日(土)に鈴木斉君と伊豆諸島でのジギングの話を
講演ブースで行います。
僕は、主に御蔵島周辺でのヒラマサの話をしようかと考えております。
どうぞ、期待?!??してください〜(笑)
**********
ホッツブースは、新商品が目白押し!!
KSマニュファクチャーの白石鋼次さんと九州・海楽隊会長のおがっちと
一緒に煮詰めてきた「196944フェイク」のリリースがついに実現。
2004年度にはもう、20kgのヒラマサを頭に、各フィールドで
釣果を重ね、「残るは、量産出来る現金のみ・・・」なんて言いながら
涙して呑んでた頃の夢がやっとこうして実現出来ることになったんです。
やっと、出来上がりました
やっと、出来上がりました・・・ほんと、長かった、量産まで
でもこうして今回、白石イズムの「KEITAN」シリーズがリリースとなり、
それまで胸でつまっていたものが、やっとほっと出来、次へのステップに
出来そうな予感です。
白石イズムの次への製品も、もちろん現段階ですでにテストを繰り返しております。
まだまだ、これからリリースしていきたい製品が、山盛りあります。
資本がなければ動けませんが、ゆっくり(ゆっくりすぎるが・・・)と
一歩ずつ、前進しています。
今回は、そんな想いの詰まったメタルジグ「デブタン」を是非ご覧下さい。
**********
キャスティング用のマグロ対応を主にしたプラグも、リリースします。
タイドレジュの平松シリーズとしてプラグコンセプト「タイド・ベイト」シリーズが今回から発表になります。
まず第1段として「タイド・ベイトサーディン(イワシ)シリーズから。
ウエイトが60g前後で、タイドレジュ67M、67H、72シリーズで
ぶっ飛ばしルアーとして考案してきました。
「ふわぁ〜っと投げるロングロッド」のイメージに対し、「ビシッ!!」と
キャストするセミショートの次世代キャステイングロッドとして
いち早くホッツのタイドレジュシリーズは、マグロゲームに確立してきました。
最初の頃は、ショートロッドでのマグロゲームは、キャステイングでの飛距離の問題でと、よく笑われました。
しかし、マグロの食わせ方、誘い方ひとつで、ショートロッドでのルアー操作の可能性や取り回し等を結果で応え、絶対に効果的であることへの証明を実現してきました。
これが、七里が曽根でのマグロゲームの確立です。
そのロッドの先垳が「タイドレジュ」であり、さらにマグロをキャッチする術を近くしたルアーとして今回リリースする「タイドベイト」シリーズを
認識して下されば、嬉しい限りです。
そのほかにも、たくさんの新製品が今回展示されております。
どうぞ、2008年度のホッツ・「平松モデル」への期待を宜しくお願い致します。
現在も、進行形で新しいタックルへの開発に努めています。
是非、これからのリリースも、お楽しみにして下さいね。
また、当日はゴルディックの出店もあります
今回は、少しキャステイング志向の強い商品群になっていると思います
昨年度の大阪でのフェスティバルではジギングを中心とした商品群で
用意致しましたが、今回は、関東エリアということもあり、キャスティングをメインとした商品構成にしてみました。
ずばり、「インディーズプラグ」!!と、「オリジナルウエアー」。
是非、ゴルディック現地ショップへも、ご来店下さりますことをお待ちして
おります。
また、お店(座間のショップ)も、もちろん通常営業をしております。
そちらへもお立ち寄りをして下さらば、幸いです。
明日から2日間、皆さんとお逢い出来、たくさんの釣りの話しが出来ることを今から楽しみにしております。
どうぞ、宜しくお願い致します。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu