次の開発ジグは、これ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

K-FLAT株式会社からリリースするメタルジグ「KEI-JIG」もリリース秒読み体制に入りました。長かったですが、これまでテストを繰り返し、結果を出してきて「ソルトワールド」誌などでその凄さはお伝えしてきた。たくさんの「まだか!」という嬉しいお叱りを受けながら、どうにかリリースの目処も立ってきました。
image
私のメーカー業務でウエイトを置いているのが「現場でのテストと、商品の宣伝」になります。当社は優良メーカー様とは違い、なかなか各雑誌などに掲載出来る広告費用までの捻出も出来ず、広告費用とテスト費用を叩いて「現場での実釣」で商品の宣伝を行っている零細企業…。だから、次のジグも「いつ誌面に登場させようか…」と頭の中をこんがらせながらの動きになってしまい、申し訳ございません。今年の大阪フィッシングショーでお披露目したのがこの「KEI-JIG シャープ」。今回、テスト中であり、コンセプトを「ボトム」においた「KEI-JIG シャープ」の説明をこのブログで初紹介したいと思います。
image
まず、「KEI-JIG」と「KEI-JIG シャープ」の大きな違いは、「KEI-JIG」は中層までの広い範囲を探るジグとして用いることに対し、「KEI-JIG シャープ」は、ボトムからの立ち上がりでジグを派手なダートを殺した動きにシャープさ(水切れ)を持たせたフェイクジャークにも対応するジグ、だと思って頂ければわかりやすいと思います。ボトムにジグが着底し、3アクションで、「ゴン!」という様な、ボトム中心のゲーム展開時に、ジグをしゃくり始めた時点から次のアクションまででヘッドを寝かし、そして次のアクションで立ち上がりがスムーズに、という動き。(夏マサや冬から春にかけてのゲーム展開時)
image
これは、「ケイタンジグ」の立ち上がりがどうしてもファースト時におけるインパクトが必要であり、そのインパクトでダート幅が広がり過ぎてしまう部分を押さえ気味にしたかったのでこのカタチになりました。
image
実釣テストでの様子をお知らせするのは、もう少し後にしますが、この「ケイタンジグ」まで伸び切らない、適度な「伸びと引き心地の軽さ」を「KEI-JIG シャープ」に持たせ、ボトム周辺での華麗なるダンスをカタチにする事が出来ています。まるで宝塚のダンス、のようにキレがあり、美しいフォームでジグが舞う…。動体視力で誘う青物に、より「ベイトらしさ」を網羅させ確実にバイトを捉えます。
image
リリース時期はもうしばらくかかりますが、「KEI-SHAFT」とのベストマッチングであり、層で探る、「KEI-JIG」と「KEI-JIG シャープ」でワンピッチの※“引き釣り”を体感して欲しい。

※引き釣り…とは、私が主にロッドを脇でしっかりとフォールドし、そしてリールのハンドルを押すタイミングでロッドの振り幅を持たせない様にしゃくるスタイル。ロッドの稼働距離を縮め、シャープにジグをアクションさせる様に行うスタイルです。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu