KEI-Jigの出荷が開始になりました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

お待たせして、本当に申し訳ございませんでした。当初の予定では12月には…というお知らせをさせて頂いていたのですが、
ここまでズレてしまいました。企業力が足らず、平謝りでございます。image
本日、大口の小売店様、問屋様への出荷もおおよそ完了し、ご注文を頂いていた小売店様へは近日中に列ぶのではないか、と思います。image
KEI-Jigの特徴は、やはり何と言ってもワンピッチアクションの操作により、ジャーク幅を短くした小刻みな動きが特徴です。
ディープエリアでのアジや甲殻類、イカなどをイメージしてボトムエリアでのバイトを狙ってもらいたい。また、近年のジグとしては極端にジグのサイズも短く、ショートタイプに属するサイズなので、イワシなどの群れから離れた単独の動きを意識しても面白いと思います。image
南九州エリアのでテスト時では、20kgを超えるカンパチをスピニングタックルによるワンピッチアクションにて爆釣させ、良い思いをさせてもらいました。image
玄界灘を中心とした九州エリアでのテスト時では、春先に10kgオーバーのヒラマサを、これもワンピッチのアクションでキャッチさせてもらいました。かなり良い思いが出来ており、このKEI-Jigのリリースはユーザー様からの声が楽しみでもあります。imageブリ、ヒラマサ、カンパチ、とどれもテスト時に文句なしの釣果。自身で納得する動きは、自信を持っておススメ出来ます。何よりも、このKEI-Jigは「アクションが簡単で、引き重りが少ない」のも特徴。image分かり易く言えば、ジグを落とし、着底を取れたら、ワンピッチでアクションするだけ。ボトムでの反応が濃い状況であれば、丁寧にボトムをたたいてやり、中層までの反応が広がっている様な状況であれば、ワンピッチアクションを繰り返す。Gummy-Jigの様にホバーリング効果を意識したアクションとは違い、ジグのリトリーブスピードの強弱で誘うことが一番の誘いのテクニックとなり、それほど難しくありません。image是非、本日リリースの「KEI-Jig」真冬のブリ、ヒラマサ、また春先でのスポーンを意識したデカマサ狙い、ディープエリアでのカンパチ狙いに使って下さいね。
image
本当にお待たせして申し訳ございませんでした。KEI-Jig150g、180g、200g、新色のオールグローシルバーライン(エッジグロー)が追加カラーで、リリースです。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu