大吉で、ひとり呑み。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

昨夜は久々の大吉ひとり飲みと、自宅での最近お気に入りの黒い発泡酒。image
イベントが続く2月〜3月末。展示会や問屋様の売出し、更にロケ取材を絡めた実釣会と、店イベントの実釣会が毎週ビッシリ交互に入り、ゆっくり予定を確認する時間も無いため、仕事帰りに2000円とスケジュール帳を握りしめ、いつもの大吉へ。
本来この時期、インドネシアでの実釣スケジュールであったが、1月のジャカルタで起きたテロ爆発により、恒例としていた旅は変更。image
その分、国内に多く行くスケジュールになり、予定を組み直すのも大変であった。
また、地方でのイベント出展は、セミナーやトークショーもあり、その内容を考えたりしておかなくてはならない。だから、ひとり集中して考え事に更けたかったのだ(笑)image
それに加え、連載の組立てやHPの新しいページのコメント、新製品のリリース戦略、フライヤーのイメージ等々、足りない頭をフル活用しなくてはならず。
「それならば、仕事場でやったら?」とよく女房に言われる。でも、仕事場はひとり静かに出来る様で意外と小生にとっては、難しい。image
パソコンには、次々メールが入り、「あれ?!コレはどうで、アレは、どうだったか?」と他の案件に気をとられる。
だから、少々ガヤガヤしていてウルサイ焼鳥屋でひとりで考え事している方が集中出来るのだ。image

大吉へは、酒を飲む楽しみでもなく、空腹を焼鳥で満たす場所でもない。
私にとっては、仕事のスケジュールを組立て、原稿を書いたり、案件を処理出来る憩いの場(笑)になっているのだ。
諸々を済ませ、自宅では最近お気に入りの「黒い発泡酒」でチビチビ乾杯。image
ビールの量を控えている小生にとって「黒い発泡酒」は最高。めっちゃ旨い。
麦芽の香ばしさを口の中で感じ、ぐびぐびと喉越しを楽しむ訳ではないので量も控えめ。
image
大吉では、焼酎の炭酸割りとスケジュール帳。
自宅では、ゆっくり飲む「黒い発泡酒」で忙しい毎日を乗り切ってます(笑) image

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu