【伊志田高校杯中学生柔道大会】審判で今年もお手伝い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【伊志田高校杯中学生柔道大会】審判で今年もお手伝い。


小生がこの大会にお邪魔するようになったのは今年で4度目になるのかなっ。小田急線愛甲石田駅が最寄り駅になる伊志田高校杯に審判員でお手伝いに行って来ました。

神奈川県内の中学、また道場から中学1〜3年生が261人集まり、夏休み最後の日曜日にどの中学生も気合いの入った顔で大会会場に集まって来ました。早々に声を出し、しっかりアップをしている姿が気持ち良い。

小生は過去何度もこの大会で審判をしては恥をかき、成長させて頂いており、今回も実はドキドキ。
大会運営の多田先生からも「しっかり審判宜しくお願い致します」と微笑んだ顔で言われ、田中ユージ先生からも「見てますからね!」とたまらなく恐ろしいお言葉。

相棒『宮本功三先生』は風邪気味で少し疲れた様子でありながらも『慶ちゃん、期待してっからね!』とチャカされてしまう。

いやいや、本当にこの大会は毎回【迷審判説】を刻んでしまっており審判の勉強場でありながら、想いも深い大会なのである。
前回の大会内容はこちら→【迷審判に反省】伊志田杯で中学生の柔道審判してきました。
9時半から少し押し気味で大会開始。小生は高橋雄太主任のグループで第1試合場。それもスタートから、であった。
3試合(3人)毎に主審、副審が回り、10人の先生方で第1試合場を担当する。小生スタートは副審から。

3審制でジュリーも入るので試合場からあまり離れられないが、呼出、タイマー係が光明学園の3年生だったので、そのあたりは少し気も楽であった。さあ試合開始。副審で宮本功三先生と着座を合わせて選手が場内に入る。対面には宮本功三先生がおり、たまに「ニヤッ」とする…。

「やめてくれ〜、緊張してんだから」
そう言いたかったが、この「ニヤッ」は主審が終わり、試合場を出た時に言われて気付いた。

『慶ちゃん、固まり過ぎだったから、少し和ませたんだよ』と。
そんなに固まってたんだ…。確かに試合時間3分で、更にGS(ゴールデンスコア)となると、指導数や技有りを気にしながらのジャッジとなり、副審でありながらも常に主審で立っている気持ちで試合を見ていたので自ずと硬い顔になってしまうんだろうな。

ところてん方式で、小生も主審が2回、3回と回る。第1試合場は特に人数が多い男子の軽い階級だったので、これもまた大変。
今年ルール改正となって新しいルールでの審判なだけに、頭の中で「有効は除外」していたのだが、最初の主審時はやっぱり「有効」が出そうになった。「技有り」から場外になり「待て」で試合を止めた時、視線を感じる。

田中ユージ先生が小生をガン見…!
「やめてくんさいよ〜。もう、見ないで下さいよぉ〜(笑)」と心で呟きながらもどうにかド派手なミスはなく、無事準決勝まで審判をさせて頂きました。

小生、高体連の先生方との懇親会に参加する場面もあり、その時は必ず小生は審判ネタでの餌食となる(笑)
お酒の場であれ、学ぶ事も多いので嬉しく学ばせてもらっているが、やっぱり審判は場数だなっと毎回思う。これからのシーズン、週末はかなりの柔道試合が予定されており、すでにいくつかの審判要請が来ている。
場数をこなし「迷審判」にならぬ様経験を積んで競技者が気持ちよくプレー出来るジャッジをしてあげたいなっ。

決勝戦が終わり、表彰後は合同練習開始。

試合後は、これもまた毎年恒例の全体練習会。タイマー係やら呼出係などの高校生も当然混ざり、更には大学生や指導者も皆柔道衣に着替えて乱取り稽古になる。

小生、ニヤッ。
赤帯をそっと裾に隠し、モト立ちにつくと、やっぱり宮本功三先生も赤帯を締めている。コレには笑えた。二人共張り切って中学生と乱取り稽古。
3分×5本を確か5セットだったかな。1セットだけ水分補給と道場生の指導がしたかったので抜いたが、後はガッチリ乱取り稽古をさせてもらいました。

こうした稽古が出来る環境、稽古をさせてもらえる環境は小生の様な一般社会人は本当に貴重な事。だから、こういった場面に少しでも呼んで頂ける環境を作るのも自身で動かなくてはならない。
審判をさせて頂き、審判の勉強になり、経験を積ませてもらえ、更に稽古もさせてもらえる。本当に貴重な環境を与えて下さり、高体連の先生方に【感謝】ばかりです。

まだまだ『迷審判』な若輩者ですが、柔道に携われる喜びに昨日は至福の時となりました。
帰りの小田急線では、半端なく重くなった柔道衣のバッグを背負い、うたた寝しそうな小生であったのは言うまでもありません(笑)

「アミノバリュー飲料」

そうそう。
昨日もたくさんの汗を流し、水分補給はしっかりしたつもりでしたが、駅のホームで既に喉がカラカラ。ポカリスエットを自販機で購入しようと立ち止まると、かなり嬉しい飲み物を発見。
アミノバリュー, 熱中症対策, bcaa,
「アミノバリュー飲料」
これ、なかなか売ってないんですよね。もちろんドラックストアー等に買いに探せば見つかるのですが、駅のホーム内の自販機にあり、感激。BCAAがしっかり入っており、摂取した時の翌朝の疲労度が見事に違うのです。

これは、身を以て感じており、アスリートの方は当然の事、健康管理で運動する程度の方にも、絶対にオススメです。日常ラントレをしても顆粒のアミノバリューを摂取しておくと、翌朝の疲労度が違うし、ロングランの実釣ロケ時にも効果を感じております。
【運動する=アミノバリューで身体メンテ。】
これは小生のテッパン鉄則となっています。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu