【最近の街着はコレ!】ラグビーシャツが大のお気に入り。久々リリースされてるよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【最近の街着はコレ!】ラグビーシャツが大のお気に入り。久々にリリースされてるよ。

小生、普段着のセンスが本当になく、家族や仲間達からも指摘されているほどにダサい。
長男に「もしかして、その格好で出掛けるの?」と言われ「父さん、それは無いで!」と女房に笑われ「また同じだね」と次男に囁かれる始末。スタッフmidoさんからは「マジっすか、その格好…」と。

そんなセンスの無い小生の普段着だが、人と会う様な場面も最近は多く、さすがにロングTシャツ(以後ロンT)だけでは不味いかな、と感じる事もしばしば。
何年か前まではフィッシングショーなどの会場入り時こそダスパーカなどのジャケットを着用して中はロンTであったが、そんな時に限ってメーカーのお偉い様とご挨拶が必要になったり、新規取引やスポンサー契約の話しなどが重なり「襟位付いていないと…」と思う様になってきた。

もちろん出張でのきちんとしたご挨拶時などはスーツなどになるが、フィッシングショーなど地方での大きなイベント時の服装が特に頭を悩ませていたのだ。
そんな時にパタゴニアのラグビーシャツなら?と思う様になり、ここ数年はラグビーシャツにデニム、という少しだけ気を使うウエアーでイベント会場やまた飲み会などに出向く様になったのだ。

それにしてもパタゴニアのラグビーシャツは本当に生地がしっかりしているのが嬉しい。
なぜなら小生、体型がジャガイモの様な寸胴体型であり、ポロシャツもカタチが代わり、ロンTもお腹周りが伸びてしまう。気付いた時には服装のカタチがひどく横に伸びてしまっており、困っていたのだ。

ラグビーシャツはそんな不安材料は一切なく、キリッとした白い襟がシャキっとスポーツマンのイメージを出してくれ、ある場面では清楚に、ある場面では若返り、ある場面では丈夫で小生の特殊な体型をもカバーしてくれるのだ。

ただ、パタゴニアのラグビーシャツは数年に1度しかリリースされておらず、そのタイミングを逃すと、また何年か先まで入手する事が出来ない。

(Facebookよりパタゴニア・丸の内ストアーのページを使用させて頂きました)
なぜこのタイミングで「ラグビーシャツ」の話題にするかと言うと、Facebookでシェアしているパタゴニア・丸の内ストアーが掲載されたページが目に飛び込んで来て「おっ!春物でラグビーシャツが出てるじゃん!」と興奮したからだ。

パタゴニアの製品はタマ数が少ないのか、人気ですぐに無くなってしまうのか、とにもかくにも「これ、欲しい」と思った瞬時に入手する動きを取らないと、シーズンに入った時や「まだあるかなぁ」と思った時に、ほとんどのモノが入手出来なくなっている。そう、完売してしまっているのだ。

これはウエアーだけでなくザックなどのギアものにも言えること。
気に入ったカラーやカタチ、それが見つかったらまずはきっと皆さんも悩むでしょう。小生もそうです。悩んで使い方やお金の工面、使うシチュエーションなどを思い浮かべ、それで「入手する」動きとなるはず。
しかしこのタイミングで遅れを取ったばかりに「今期終了」と何度なったかっ。パタロハなども同じことが言え「あれっ!もう無くなってる」と涙を飲んだデザインもいくつかあったのだ。
※GTデザインのフィッツロイ Tシャツ時も「欲しい!」と思った時には無かったですよねっ。

だから、小生が一番今回も気にしているし、こうして記載して良いモノを皆さんに伝えたかったのだ。

(画像をクリックして頂ければ、そちらからのご購入も可能です)
パタゴニア公式サイト メンズ・ロングスリーブ・ライトウェイト・ラグビー・シャツ Rugby Big: Elwha Blue


(画像をクリックして頂ければ、そちらからのご購入も可能です)
パタゴニア公式サイト メンズ・ロングスリーブ・ライトウェイト・ラグビー・シャツ Rugby Big: Railroad Blue


(画像をクリックして頂ければ、そちらからのご購入も可能です)
パタゴニア公式サイト メンズ・ロングスリーブ・ライトウェイト・ラグビー・シャツ Rugby Big: Dolomite Blue

今回のカラーは3色。グリーンベース、水色ベース、デニムっぽいカラーベース、の3色。どれもかっこ良く、小生の様なはっきりしない幼稚な顔も「爽やかさん」に映るかもしれない(笑)

着た状況は皆さん各々であろうから、カラーの紹介位にして、小生の着心地感を書いてみる。

汗をしっかりと吸ってくれるコットン生地で、伸びなどに強いのが絶対的な特徴。
今まで着用してきたパタゴニア ラグビーシャツ全てに言える事は、着た時の肩周りが非常に楽でそれでいてフィット感もある。
さらにこれは実際起きた事だが、飲み会で着用して行った際、飲み過ぎて転けたことがあり「あっ!やばい!」と思った。
ダスパーカは、これで肘部分を大きく擦り切ってしまい、アフターサービスにてメンテナンスしてもらったのだ。

その時を瞬時に思い出したのだが、コンクリートで転けても傷にならず、無事であった。(前回り受け身もしっかりととりましたが…笑)
それほど生地がしっかりしているのだ。パタゴニア社ではこのラグビーシャツはクライミング時に着用することがスタートで販売する経緯もあり、それほど生地がしっかりとしているのだ、と言いたいのだ。

(小生所有のお気に入り3枚)
小生の様に酔ってしまい転けるけど丈夫!という内容ではなく、激しいクライミングでも生地の丈夫さが保たれているのだと思って欲しい。
また旅先などの機内移動時でもこのラグビーシャツ1枚で充分に快適な機内の環境を保て、重ねてシャツなどを考えなくても良い。
それにジャンパーなどが上着としてひとつあれば極寒エリアでもない限り過ごせてしまう。
手首周りの「リブ」も数年着ても伸びる事は今だ無いし、若干の色痩せ予防は洗濯時や干す際に裏返してケアを忘れてしまわなければ大丈夫。

そういったことも小生が大好きなところのひとつ。
酔って転んでも生地が強く、白く爽やかな襟が清楚に小生を仕上げ、そして汗かきの身体でもコットン生地で吸い取ってくれ快適さを保たせてくれる。
これほど「お気に入り」のシャツは今ない。ダントツに一番好きで着用率No.1なのだ。

今回3色あり、どれにしようか悩んでる小生。もしかしたら2色、いや3色共入手してしまいそうな勢いである。
それもこれも「次のシーズン入荷がいつになるか分からない」からであり「欲しいと思った時に入手しておかないと必ず後悔する」からだ。

因みに小生の体型は【身長169cm体重84kgウエスト92cm胸囲108cmデニムのサイズ32インチ】という体型で《Mサイズ》を着用している。
もう小生のために寸法決めされたかの様に、ピッタリのサイズである。

これからまだまだ長袖シャツは多様する季節であろうし、ロンT一枚、よりもラグビーシャツでピシッ!とすることがきっとかっこ良いはず。
是非この春のリリース前に入手することを大声出しておススメします(笑)

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu