【平成31年4月28日、全国柔道高段者大会】今年も出場して来ました講道館にて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【平成31年4月28日、全国柔道高段者大会】今年も出場して来ました講道館にて。

毎年恒例行事となりつつある『全国柔道高段者大会』。五段以上の先生方が昇段に必要な実技点数を取得する為に一年に一度、全国から講道館に集まり、昇段試合を行うのだ。

私は大学4年生時に四段を取得しており大きな怪我を界にそれからは柔道から離れ、まさか再開するとは全く本気に考えていなかった。

オリンピックの柔道競技がTV放送されていても観ないし、スポーツ新聞で良いも悪いも取り上げられても見向きもしなかった。そもそも二度とやらないと決めていたから、興味がどうのこうのと言う話すらないのだから当然といえば、それまで。

四段の証書も実家倉庫で置きっ放し。開けようともしなかったし、かろうじて独身時代の段ボールから高校、大学時の柔道選手衣が出てきた程度。
年数経過で白い柔道衣は真っ黄色に汚れていた。それを『サムライ』(※柔道衣など武道衣専用洗剤。)で湯船に熱湯ぶっ込んで全身で力任せにかき混ぜ、更につけ置きしてキレイに洗濯したのが再スタートであった。

四段昇段から20数年。その間の全柔連登録費を全て支払い五段昇段。
大学卒業しても柔道に携わっていたら、昇段ももっと早かったのだろうが、20年数年ぶりに昇段意欲を持ったからこの年から再スタートであり体力的にも大変なのだ。それを今、毎年の事としてこなしている。

今年も宮本功三大監督はじめ、後輩の内村直也先生らと『マイナス高段者大会』をアップ会場で楽しみながら交流の時間として、気持ちの良い汗を流したのだ。もちろん実際試合セコンドとしても西の赤鬼、東の青仏、からの強烈なアドバイス。ラスト20秒で有効を取らせていただけたので、今年も怪我なく勝たせていただきました。

仲間達の試合も終わり、更に試合後『プラス高段者大会』がふたたびアップ会場で繰り広げられ、今年も笑いが絶えない『全国柔道高段者大会』でありました。

これからも生涯柔道を続けていきたいためにもこうした柔道で繋がった仲間との時間を大切にしていきたいと思っております。

※自身の記録として動画をYouTubeにあげて残してあります。動画はこちら→https://youtu.be/GvNX-kOcP1M

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu