インドネシアでの食事!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

その国の食べ物を食べ歩く事が好きな小生。
ローカルフードに興味があり、出来るなら直ぐにでも入国したら食べたい口…。
でも、出来る限りファーストからは避けるようにしている。
これは、過去何度も初日からローカルフードを口にして、本来の目的である釣りが疎かになってしまうパターンの人を良く見てきたから。

(優しいうどんなんかは、お昼など、必ず食べています〜。Canang Baliにて)
「辛いのは、大丈夫!せっかく来たんだから、食べたい!」
辛いから、もう少し体調を慣らしてからでどうですか?と私は言うのだが、決まって「辛いのは、問題ないです!」とくる。
それも、旅慣れていない人に多いのだ。本当に辛いのが大丈夫な人も居るのだが、過去最高に辛そうだったのが、辛さで唇が腫れ、下痢と腹痛で苦しんだ人、また点滴を打ちに行った人もいた。
決まって…インドネシアや南太平洋に慣れている!と言ったひとばかり。

(アヤム ブトゥトぅ。チキンの身がほぐしてあり、バカ美味!ローカルフード)

(ご存知!ナシゴレン!バグース、いや、マンタップです〜!)

(これも、ナシゴレン。美味しいんですけどねっ!)
****************************************
衛生面での腹痛や下痢は、何も言えない。
しかし、辛さを無理して楽しみ、後から体調を崩すほど情けない事はない。
なぜ、こんな話を…。
今回はなかったんですが、過去のインドネシア釣行を思い出していたら、ふっと思い出し。
ツアー参加をして下さったアングラーを思い出していたら、何となく書きたくなったのだ。
釣りの最終日には、ローカルフードを楽しみ、釣果の祝杯をあげたい。それまでは、体調を整える様にしたい。

何となく、書きたくなったから。
…くどいかな(笑)

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu