【炎の乱取り祭り】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

私のFacebookをチェックして下さっている方なら、。この題を知っているのでは…(笑

image

そう、日本工学院専門学校の教論“仏の宮本功三”氏が昨年の10月に初めて呼んでくれた、大人も集まる柔道練習会。

image

白帯の学生もいれば、学生OBOG、おっさんもおばさんも、ガキンチョも居る。
とにかく柔道が好き、稽古がしたい!そんな仲間の集まりだ。

image

昨年、初めてこの練習会に呼んで頂いたのが、ちょうどこの大学の学園祭の時。
学園祭を懐かしく思いながら、校内を歩いた思い出が有る。

image
でも、通い慣れてきたので、最近はつい職員専用の駐車場へと行ってしまい、駐車にズルをしてしまう…。
あかんなぁ〜(笑

image

練習内容は、こうだ。

4分の乱取り稽古で、本数は、最低でも20本以上…。

そして…。

【炎の乱取り祭り】とは、小生が勝手にFacebookで命名したもので、なぜ【炎】なのか、を説明すると…。

道場を閉め切り、超デカい暖房2機の温度と風力をMAXにし、ガンガンに道場内を温める。
酸素が薄いのは、もちろんのこと、恐ろしいくらいに汗が出る。
乱取りのノルマか各自なし。やりたいだけ、やって、の自己管理。
しかし、「えっ、もう終わり?」という挑発する様な言葉を大切にし、一度始まった乱取りは、終わりが見えない怖さ。

image

【仏の宮本功三】氏らしい、練習スタイルだ。それが、楽しくて、おっさんら「街の柔道バカ」が月イチで集まってくるのだ。
現役大学生や、高校時代バリバリやっていた連中にボッコボコに投げられたりしても、ゾンビの様に立ち上がる。
その自分に実は、おっさん連中は喜びすら感じているはず。

私も、柔道衣が重くて重くて、仕方ない位汗を出し、それでもラストに「仏の功三氏」と乱取り。

これからの季節に、暖房は嬉しいが、この【炎の乱取り祭り】は、夏期も、暖房…。

image

いやはや、昭和なスタイルで、近代化された道場での柔道。そこに人気があるのだろうなぁ〜!

image

もし、神奈川県〜東京エリアで、「この柔道、面白そう!」という方がいらっしゃりましたら、是非私と一緒に参加しましょう〜。全然、オッケーです。「生涯柔道」の輪を広げて行きたいですね。

image

こんな楽しい練習会を開いてくれている宮本功三氏に、感謝です!

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu