ウッドデッキ研き!研磨機に痺れながらの大仕事に没頭。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ウッドデッキ研き!研磨機に痺れながらの大仕事に没頭。

昨日は、午前中は窓ふきから始まり、玄関前の掃除などをして、午後からはウッドデッキの研き掃除。image
これが、とにかく大変。ウッドデッキで呑む夏場のビール、プチBBQ、ランチタイムなどなど、ウッドデッキがとっても大好きな小生。だから、自宅購入後にすぐに釣り仲間にウッドデッキを作ってもらい、それ以来、何かある毎にウッドデッキでの時間を楽しんで来た。デッキを作る際、一番「強い材料」で作ってもらったのだが、年に何度か研きをかけてやらないと、どうしても緑の薄いコケが出たり、節やササクレ部分が出て、怪我のもとになってしまう。imageメンテナンスが重要だ、と最初から言われていたので、これだけは止む終えないのだ。ウッドデッキは、1階のリビング繋がりと、2階の駐車スペースを囲う広さ。imageなかなか2階は広いので、まず1日では出来ない。今年は1階を完璧にしてやろう!とスタート。
電動やすりに紙ヤスリをセットし、ひと通り、ウッドデッキを掃く。白く汚れが浮いた部分や、コケの部分を中心にスタート。「ギューン!」電動ヤスリがデッキを研磨する強烈な音。そして電動ヤスリを支える腕。imageたまらなくウルサいので、途中でイヤホンをしての作業。研磨するのでウッドの粉塵が舞う中2時間。細かな部分はまた時間を見つけてやるとして、どうにか一年の汚れを取る事が出来た。ほっ。いつも、デッキに出ると気になっていた。「やるなら、徹底的に」が主義の小生。image
今回は、納得するところまで出来たので、良かった。本当はもっと便利な工具がきっと売られているんだろうなっ。でも、そんな贅沢は敵!(笑)まずは身体を酷使して、研きに研きまくるぞぉ〜!
来年の晴れた休日は、2階を研かなければ…。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu