【ヒメダカ飼育が癒しの時間】水中植物にメダカ、飼育はやっぱり楽しいのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【ヒメダカ飼育が癒しの時間】水中植物にメダカ、飼育はやっぱり楽しいのだ。

ガサガサをしても獲れた獲物は基本リリースするのが次男との約束。

自宅に持ち帰らずに獲った場所へ戻してやる。それが毎回なので次男は熱帯魚を飼いたいと言い出した。私は過去に熱帯魚は水草もハマったし180.120.90.60と水槽だけでも何本持っていたか…と言うほど。

パタゴニア

だから一度やり始めてしまうと止まらない自分の性格がわかっており、また水槽をやるなら常に管理出来る様な時間の確保が必要。

今はコロナ禍からの自宅自粛があるので外出はそれほどしていないから触りたいのだろうが、通常性格に戻れば毎日柔道の練習が始まり、私は遠征やロケが始まり出張続きになる。

そうなると、まず水槽など触っている時間はないだろうし中途半端になるのが目に見えているのだ。だから熱帯魚はなし。それを理解はさせたのだが、熱帯魚はみたいと言うのでそれなりにしっかりしているペットショップへと二人して向かったのだ。

ペットショップには爬虫類から甲虫類、鳥類とかなり本格的に種類も豊富に在庫されていた。熱帯魚は別枠で更に水族館の様に配置されているのでみるだけでもワクワクしてしまう。次男、水槽が並ぶスペースから離れようとしない。

私は熱帯魚を見ちゃうとどんどん欲しくなってしまうので熱帯魚の水槽エリアから離れ、和金などを無意識に見ていた。

餌金となる金魚でも金魚鉢があったので少し飼ってみようかな…位に軽く見ていたら、ヒメダカやら白いメダカやらがMIX10尾で500円にて販売されていた。それをみたら、白いメダカがとても美しく見え、自宅に金魚鉢が余っていたのをわかっていたので、それで飼ってみよう、と言う動きになった。

次男に相談してみると、大賛成。毎朝の餌やりは次男の担当。水換えもお互いでやる様に決まり、10尾500円のMIXヒメダカを飼育する事になりました。

熱帯魚屋でヒメダカだけ購入し、ホームセンターへ。ホームセンターでは水中植物が売られているのを知っていたので2種類程、購入。実はペットショップでも販売されていたが、やはりプロショップ。値段が倍まではいかないが、なかなか高かったので買い回りをしたのだ。

鉢はある。水草も購入した。さあ、スタンバイするぞ。さっそく水道水を金魚鉢に溜める。そこへ水中植物を入れ、数時間直射日光に晒す。水が安定するまでは、植木用に溜めてあるバケツの水にピニールごとヒメダカを浮かしておく。

水温は同じになるだろうから、鉢に移した時、ストレスをもたないだろう…。そんな事をしてヒメダカを金魚鉢に移し、飼育を楽しみ始めたのだ。

昨日、次男が私を呼ぶ。「白いメダカ、卵持ってるよ」と。さっそく浮遊産卵を飼ってきて、浮かべておく。これに卵を産みつけるらしく、私は初めてであるが、孵化は楽しみだ。

オオカナダモに産みつけた卵を採取し別水槽で孵化させ、ある程度のサイズまで別で育てて…の楽しみは私は小学生の頃にガッツリやってきた。白いメダカの卵なだけに、産まれてくるのも白だ、と勝手に思っているが、どんなものだろう。

とにかく孵化してからも育てる楽しみが増えたのでコロナ禍の時間にもう少し次男に熱帯魚まではいかないが、ヒメダカ飼育を教えてあげたいと思っています。

パタゴニア

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu