パタゴニアに出していたシューズが戻って来たよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

「踵(かかと)の修理が終わりました。ご都合の良い時にご来店ください」
パタゴニア鎌倉ストアのスタッフさんから連絡が入り、取りに行って来ました。
実家に諸用もあったので、それに合わせて週明けの休日、鎌倉へ。鎌倉はもう、紫陽花が見頃なんだろうなっと思いつつも、長谷寺や極楽寺辺りには近寄らない(笑)
image
この時期、特に渋滞がひどくてハマってしまうと全く動けなくなる。「抜け道」はいくらかあるが、それを考えるより、なるべく早く実家付近に辿り着く事の方が賢明だ(笑)

パタゴニア鎌倉ストアと実家までは、歩いても行ける距離。だから、「ナルハヤ」を意識してクルマを飛ばした。

その途中に、トラブル発生。なんと、運転中やたらサイドミラーがガタガタしてるなっと思い、コンビニの駐車場でミラーを確認してみると、ミラーを接着している部分が劣化し、今にもミラーだけが落ちそうになっていた。
慌ててミラーを慎重かつ丁寧に剥がし、コンビニにて粘度の高い瞬間接着剤を購入。
image
瞬間接着剤価格 税込512円(笑)工賃価格 税込0円(笑)

ミラー側背部を綺麗に拭き取り、たっぷり粘度の高い瞬間接着剤を塗って難を逃れた(笑)
もし、ミラーが落ちて割れたりでもしたら、また高額な修理代になってしまう。512円で、ホント救われた。古いボルボだから、気に入っており手放したくないが、常にメンテと背中合わせ(笑)
ボルボのパーツ(まあ、外車全般だろうけど)は、ほんと高い。オークションで探してもらうのが一番安いはず…(汗)

20年も前から頑張ってくれているボルボだから、これからも大切に乗り続けたいしね。
image
さて。
ボルボの話しで脱線してしまったが、シューズの話しに戻ります。このシューズ、実はソール修理に出すのは2度目なんです。夏の時期に気に入って履いているんですが、ソールの柔らかさがウリ?でとっても履きやすい。
image
【メンズ.ドーン】
「クッション効果とサポート力を十分に備え、1日中はいていても快適なレザー製スニーカーです…」
2007年のカタログより引用。
image
イコール、私の様な姿勢や腰が悪くて体重のある人は、ソールが減りやすい欠点が…。スェード生地でありながら、履いていて涼しいのもお気に入りのところ。
履きやすいから、出番が多くなる。使用率が上がれば、消耗も激しい…と言うサイクルであり、このシューズも長く履きたいので、大切にメンテをしているのだ(笑)
image
3月頭に修理に出して、貼り直しが完了したのは、6月頭。予定通りの修理日程に感謝。
このシューズも、オーストラリアやニュージーランド、シンガポール、インドネシアと様々な国に一緒にお供してくれた大切なシューズ。
image
まだまだ現役だし、デザインが大好きなので長く長く履き続けたい。

たかがシューズ…ですが、小生にとってはこれ無しで夏場のシューズは考えられない。

しっかりメンテを続けて宝物として、いつまでも身に付けていきたいなっ。
image
ソール張替え修理代 2000円。修理期間、約3ヶ月。大満足!でした。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu