【故郷で原点回帰】JiJiは元気。馬ぁ〜さん亭も、すば屋も。でも雨…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【故郷で原点回帰】JiJiは元気。馬ぁ〜さん亭も、すば屋も。でも雨…。

金曜日の夕方に神奈川組が来沖した。
土曜、日曜と慶良間諸島〜渡名喜〜久米島へのフルコースを楽しむ予定であったが、JiJiでの「乾杯〜」して直ぐに「土曜日欠航決定宣言」しても弾ける様に飲もうとするのは小生だけの様に感じる。皆さん何だか構えている(笑)

同然だよね。みんな那覇に連れてくると構えている(笑)
今までたくさんのアングラーを那覇に引率して来たけど、全員「構えている」のがわかる(笑)それくらい、都会的な雰囲気の松山中心やら、普段は飲み慣れない泡盛に軽く警戒し、構えながら飲んでいるのだ(笑)それでなくてはダメなのだが、翌日は出船中止なんだから、と2件目の「馬ぁ〜さん亭」で焼酎に馬刺しを列べてみたら、みんなそれなりに良い初めてくれたのだ。

マンブー船長も合流して乾杯してくれる。マンブー船長とは若い頃(20代後半から)は朝まで飲んで、そのまま港に何度も向かって来た。
何度も、だなんて可愛く無い。数え切れないほど、バカをしては毎晩飲んでいた。いつしか30代になり、更に40代にもなると身体がついていかないのではなく、理性がブレーキを掛けてくれる。そんな飲み方をして来た間柄だから、また良くお互いを尊重しながらも理解しているのだ。

26歳頃から通い出した沖縄本島。
そこから、ずぅ〜っと一緒だから、二人で飲みに行っても話しは尽きない。これはBobさんとも言える事。昨夜はボブ。今夜はマンブー。そんな連夜な酒那覇ナイトはまだまだ続き、他の人はホテルに戻ってもマンブー船長と小生と渡辺さんはそばまで食べに出かけたのだ(笑)

飲んだ後のラーメン、ならぬ、飲んだ後の沖縄そば。
これが礼儀正しい酔っ払いフラァーのスタイルであるのだ。それを全うし2日目の夜も終了した。気付くと沖縄ネタでの【いいぶさ日記】はまだお酒のネタしか書いていない気がして仕方がない。
読み直してそれなりの文章を付け加えようと考えてもみたのだが、そんな書き足せる様な内容が見当たらない(笑)

だから、このまま2日目の夜まで終わらせる様にします。きっと明日こそは、なんか文学者の旅の話みたいなストーリーで綴ってみよう、とちょっとだけ考えながら今日一日を終わらせる様にしますね。

続く

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu