【宮本功三先生世界ベテランズ-73kg M4連覇】このkeyで『鳥貴族』連打。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【宮本功三先生世界ベテランズ-73kg M4クラス連覇】このキーワードで『鳥貴族』連打。

いつもお世話になっている宮本功三先生の世界ベテランズ連覇優勝にちなみ「宮本とセット」な小生、他方お祝いをご一緒させて頂きました。
それにしても、本当に「連打」のお祝い。功三先生はもちろんこれ以上に「お祝い」の席を設けられ、忙しそうに喜んでおりました。
今回の【いいぶさ日記】は連打に渡る「鳥貴族」な夜の様子を報告させて頂きます。

【久々の南林間】今宵も「世界ベテランズお祝い」と称した激しいウガイ!オヤジ飲み会。

店休日に合わせ、膝の様子を診てもらいたくて日本工学院八王子専門学校の諸先生方に座間でお気に入りの温泉「湯快爽快」へ。ここで膝を温めその場で問診してもらい、その足で南林間へと繰り出して来たのでした。

南林間といえば、『洋菓子イイダ』の飯田篤っちゃんも居るので当然「宮本功三」先生は容赦なく呼び出し。

「おい、篤!シボリしながら俺たちを迎えろよ」
あれっ、これどこかで聞いた台詞(セリフ)しかし、そこは突っ込まない様にする。座間の「湯快爽快」でかなり曲がる様になった膝。腫れ具合なども確認してもらえたのでこれから先の治療にも意欲的に取り組める。

近所の整形外科に通院しても良いのだが、だいたい「このシップ貼って安静にして下さいね」としか言ってもらえない。
お決まりのシップに、治療といえば、特になく…だから、出来る限り病院には行かず、自宅で自身でのケアに努めているのだ。その際、気を付けることやテーピングの貼り方、アイシングの仕方やストレッチなどもこの先生方はきちんと教えて下さるので嬉しい限り。
そんな処置以外のケアなどを細かく指導してもらい、それに徹する様にしているのだ。

「湯快爽快」で身体を作り、いざ「南林間」へ。中央林間駅までの無料送迎バスがあり、それに乗り小田急線でひと駅。

南林間駅に到着すると、すでに篤っちゃんは待っていてくれた。そして「鳥貴族」へと案内してくれる。
南林間の「トリキ」(若者はどうやら鳥貴族を「トリキ」と呼ぶらしい)は初めて。鳥貴族の前には「屋台ずし」まであるじゃないか。
小生らコスパ重視の飲みを優先するものとしては、ただ事ではない。

さっそく入店。開店1分前に入店し、いざスタート。
今回の飲み会の名目はやはり「世界ベテランズお祝い」であるので、優勝を祝い、乾杯。ビールは最近飲んでいない小生、スタートからハイボール。

「鳥貴族」はどのメニューも同一金額¥298-なので安心して何でも注文出来、安心して飲める。豪快に笑い、豪快な飲みっぷりの飯田篤っちゃん。このペースにつかまり、一緒になって飲むと、小生つぶれてしまう。要注意だ。

しかし、要注意人物の前に座り、彼とペースをつい合わせてしまっている小生がいる。更に宮本功三先生までエンジンがかかって来た。功三先生、篤っちゃんがグイグイと始めると、パイセンで親しまれている青木先生も。
結局この日は午前様。翌日、かなりツラい朝を迎えたのでありました。

【鳥貴族☆コスパ最高!やっぱ鶏でしょ】筋肉にも良し。お財布にも優しい。やきとり最高。

宮本功三先生の『世界ベテランズ』-73kg M4クラス連覇を達成したお祝いが3週間連続で続き、お祝い事は嬉しい事でなぜか小生も毎回呼ばれて「おめでとう‼️乾杯‼️」をしてしまっているのだ。

1回目は【久々の南林間】今宵も「世界ベテランズお祝い」と称した激しいウガイ!オヤジ飲み会。であり、破茶滅茶に呑んで騒いでコスパ最高‼️な夜であったのだ。

ただ、この時は日藤後輩(功三先生の後輩)の飯田篤君が中心となった功三先生のお祝いであり、今回の内容となる翌週ネタは日本工学院八王子専門学校の同じ教員、卒業生らが発起したお祝い会。

「慶、当然参加だろ!」パイセンこと青木先生から町田駅の鳥貴族に17時半、集合命令が入る。
功三先生は学校での稽古後にウガイに向かうから!と言うことだけLINEが入り、町田の「鳥貴族」へ現地集合。

恐る恐る、店内へ。「よし!来たなっ。乾杯っ!」
今宵も功三先生の世界ベテランズ連覇のお祝い、さらに青木パイセンの誕生日も重なり、2週続けての「トリキ」通いとなったのだ。

ただ、功三先生が学校での稽古中、怪我をしてしまい、あまりグビグビとはやれない状態。最初の「パンカイ〜」だけにして、後はおとなしく。
この日は「奇跡の時間」で終了することが出来たのであった。

小生の内側靭帯損傷部も少しずつであるが、痛みは落ち着いて来た。こうして「鶏肉」食べてるから快復もハヤイかも(笑)そんな話しを功三先生として、終了となったのであった。

【やっぱり凄い!宮本先生、おめでとございます】3週目もお祝い、そして乾杯!で綴る『鳥貴族』な夜。

更に3週目は小生が出稽古でお世話になっている光明学園の監督、コーチが発起開催であり、ここでもまた調子に乗って『おめでとう‼️ぱんかぁ〜い』だなんてやってしまった小生…。

「平松さんは、功三先生とセットですから‼️』と女子監督から言われ、それならば、と総監督が柔術でアジアチャンピオンになったお祝いも兼ねての、やっぱり「鳥貴族」

さすがに3週続けての「鳥貴族」はメニューにも慣れ、食べるものは決まって来る。
今回の「鳥貴族」集合場所は相模大野駅。南林間駅、町田駅、相模大野駅、と全て「小田急線」沿いの「トリキ」であり、移動は楽なので助かるのだが…。

この日は功三先生に優勝お祝いで「記念帯」を授与。ミズノの高級な帯に描かれた「世界ベテランズ優勝」の刺繍文字が素晴らしい。

「あのぉ、一回戦負けの帯はありませんか?」とふざけて言うが、コーチ含めて総無視…。まあ、そんなものだろう(笑)
「出るからには、優勝しかない!」と当然強く言われ…今日のメンバーは気合い十分。

コーチまでもが「私も年齢を重ねたら、出場(世界ベテランズ)してみたいです」と熱く語り、その後もずっと柔道ネタ。
ただ、監督らは翌日朝からの稽古であったので、今回も「奇跡の時間」にて終了。まだまだ肋軟骨を痛そうにしていた功三先生、やっと打ち込みが出来る様になってきた小生、この夜も無事おとなしく帰宅となったのでした。

今回【いいぶさ日記】にて1週ずつ「鳥貴族」ネタで更新しようと最初は考えていましたが、柔道繋がりの毎回のメンツ、そして「功三先生おめでとう祝勝会」も題が同じになってしまったので、一連の流れでUPしてみました。

あらためて小生、功三先生と「トリキ」通いが続き、当分オトナシくしような。がふたりの同意見。

しかし、次の飲み会も規格しないといけない案件がある。次は海老名駅での「トリキ」にしようか、現在思案中なのであります(笑)

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu