【お手製弁当に満足】仕事場で食べる弁当は手作り感満載。外食はセーブしたいのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【お手製弁当に満足】仕事場で食べる弁当は手作り感満載。外食は出来るだけセーブしたいのだ。

仕事場周辺には、総合日用品ストアーやコンビニエンスストアー、ドラックストアー等徒歩範囲内でいくらでも行ける距離で飲食物の入手が可能であり不自由なく生活する事が出来る。

お昼ごはんも簡単に購入出来るのでつい節約を忘れ、楽してしまう自分がいるのだ。

小生、出来る限りお昼ごはんは弁当を持参して出費を抑えたい。また旅仕事も多いので正直コンビニ弁当は限界を感じている。だから神奈川に居る時だけでも自宅から弁当を持参して『お昼ごはん』を楽しみたい。

そんな気持ちもあり、今日もお手製弁当持参。
ブリキ弁当箱はサラリーマン時代から愛用しているもので、そこそこ「使用感〜ヤラレ感」が出て来ており、これもまたお気に入りな部分。使い込むことでアジ(雰囲気)が出て来るものに愛着がわき、より大切に使い続けたくなるのが性分。

赤い色のブリキ弁当はサンドウィッチや焼きそばなども今まで入れては持ち歩き、本当にお気に入りなのだ。

幼稚園の頃、ブリキ弁当箱との出会いが最初であり仮面ライダーなどのキャラクターが描かれたものを喜んで使用していたのを思い出す。
冬になると先生がお弁当箱ごと暖めてくれ、暖かい弁当だったのが今も大切な思い出です。今の幼稚園はそんな事はしてないのだろうか?

幼年期の思い出は良い事悪い事問わず鮮明に記憶に残るからなっ。あれが最初に感じた母親の味だとこうして今も忘れられないのだ。

さて、今日の弁当は特別凝ったものではなく冷蔵庫から掻き集めた具材ばかり。
ウインナーを炒めた事、だし巻き卵を焼いた程度。後は残り物。でもボリューム満々。充分に満足出来るお昼ゴハンとなりました。

これから暖かくなるに連れて食中毒も心配だけど出来る限りお手製弁当は持参していきたいなっ。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu