【年末年始は柔道三昧】出稽古で柔道時間を充実。長男も帰省し、激しく乱取り。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

動画アリ!【年末年始は柔道三昧】出稽古で柔道時間を充実。長男も帰省し、激しく乱取り。


2018年最後はお店の片付けも終わらせ、自宅の掃除も完璧とは言えないまでも行い、いつも出稽古でお世話になっている光明学園にやっぱり出稽古。

毎年、冬の高校生柔道合宿が光明学園で行なわれており、県外からも多数高校が集まり、練習試合や乱取り稽古に汗を流している。
長男が現役で高校生の頃からの参加でこうした合宿に参加し、夜、教員の懇親会にも呼んでいただくことで柔道の繫がりが深くなり、毎年参加しやすい環境になっているのだ。

28日は午前中だけ参加。次男加は午前午後と合宿参加。午後はオトナシく小生は自宅の大掃除で我慢。まあ、当然の事だ(笑)
午前中の乱取り稽古だけ参加させていただき、午後は自宅でお父さん業をしっかりとしたのであった。
夜の懇親会で楽しいお酒を飲み、今年も光明学園の参加校先生方と交流を深めたのでした。

翌日。29日の午前中に長男が大阪から戻って来たので、長男、次男と小生の3人で午後からの練習に参加。
乱取り稽古なので、長男と4本続けての乱取り。

いやぁあ、強くなってる。そう感じた。
階級を上げたので、動きが遅くなってるのかなっと思っていたが、その逆で、チカラ(パワー)も動きもどちらも良くなっており、正直、もう全く手に負えなかったのが本音。

この29日は長男の大学監督でもある内村直也先生がこの光明学園の合宿で「背負投講習会」を午後から開いてくれたので、そちらもしっかりと受講。長男もお手伝いをし、内村先生の背負投の受けをして、講習会は成功に終わらせてくれたのだ。

その夜は、小生、宮本功三先生、内村夫妻の4人で講習会〜練習が終わってから、打上げ。ここですでに2日連続の柔道関係飲み会。
町田駅周辺の居酒屋はどこも満席でとにかく探しまわり、9時前にお店に入れた程の人の出であった。

28日、29日、としっかりと乱取り稽古を行い、身体はそろそろピーク。しかし、まだ終わらない。
今年も30日に東海大相模で年越し合宿に参加させていただき、名門校での稽古にお邪魔してきたのだ。

30日の相模練習は午後3時開始。
相模の柔道場にいくと、大学生の知った顔がいくつもあり、嬉しいのと、乱取りしようかドキドキするのとの同時であった。

次男は小中学生のエリアで練習させてもらっており、小生は大学生の方へ。相模から近大に進んだ学生や東海大で長男と同じ年で活躍している吉原道場からみの学生と乱取りをし、ぶん投げられながらも興奮した東海大相模の2ガッチリ時間年越し稽古であった。

次男を小田急線に乗せ、小生はそのまま相模大野駅へ。
相模大野駅では東海大繋がりの集まりで忘年会があり、そちらへと顔を出す。高校時代、神奈川県のトップを競い合っていた選手がこうして学校の枠を超えて集まり、忘年会をする。

東海大相模、日大藤沢、桐蔭学園…。「中京高校の平松君」と福井学先生から紹介され照れながらもいつしが同期のみんなとがぶ飲みする小生。

後半の記憶がないのは毎度の事だが、しかしその時にご縁で繋がった同期仲間達のことは全員覚えている。コレが「柔道で繋がったご縁」であり【感謝】である。

動画【2018~2019年】年末年始柔道三昧 https://www.youtube.com/watch?v=2fcV4gF9GaU

年越し30日までガッツリと柔道練習、柔道飲み会で過ごし、飲み過ぎと筋肉痛な2019年のスタートとなった。


2019年は1月3日より光明学園の鏡開きであり、長男、次男、小生と3人で参加。年末に長男にボコられたのがどうしても悔しく、一応対策を考えて、もう一度長男と乱取り。4本続けて乱取りをしたが、昨年までなら一度位は投げれたのに…というありがちな悲鳴と共に、見事なまでにやられた小生。

でも相四つだけに対策はあるはず、と考えており、今年は長男対策の一年にしたいと思って大きな目標を持つ様にした。
また長男と八巻先生との乱取りは八巻先生が稽古後に自分の生徒の成長を喜んでいた。
大阪に行って強くなりましたよ。嬉しいです。とやたら嬉しそうな顔をした八巻先生が印象深かった。

こうして2019年もスタート。
お店(仕事)は5日からであったので、翌日の4日午前中、6日の午前中とこれまたガッツリと高校生との乱取りに燃え、今年のスタートも激しい練習と極度の筋肉痛からのスタートに「毎年、筋肉痛が激しくなってるな」と感じる数えで50歳を迎える小生でありました。

本年もあらためて柔道繫がりの皆さん、宜しくお願い致します。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu