【八王子にツアー前の体調ケア】次男連れて、午前中に治療と柔道。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【八王子にツアー前の体調ケア】次男連れて、午前中に治療と柔道。


北海道ツアー直前の午前中に八王子にある「日本工学院八王子専門学校」柔整科の道場に顔を出してきた。

ここはご存知の宮本功三先生が柔道部監督をしており、午前の練習と合わせて私は背中のケア、そして次男は練習後に校内の大型プールで水遊び、と言う楽しいスケジュールを功三先生が組んでくれたのだ。

このところ、私は柔道の練習をする環境がなく、なかなかタイミングが仕事と合わないのだ。高校生との練習出来るのも難しくなり、それを気にしてくれたのか功三先生からのお声がけ。嬉しくて有り難かった。

次男は大きな浮き輪を持参し、私と共に八王子へと向かったのでした。

私は柔整科先生の森山先生と。柔道指導はほぼ毎日(柔道衣を着るコト)であるが、自身が乱取りをしたりする稽古は全然出来ていないのだ。水を得た魚のように乱取りを開始する。

…がしかし、そうは問屋が卸さない。稽古していない身体はすぐに対応など出来ないのだ。

「わっ、このタイミングッ」だなんて思った場面でも身体が反応できなかったり、足が出なかったり、と最初かなり戸惑った。ストレスでもあった。これが稽古出来ていない代償だ。でも翌日から北海道ロケ。
無茶をして身体を傷めてもいけない。出来る範囲で出来る限りのことをしよう。そう思いながらも結局4分×11~12本位はやったんじゃ無いかなっ。

これで十分。稽古させて頂けただけでも十分感謝です。有り難いことです。

そして稽古を終えドン「ゴットハンド」の先生に身体のズレやおかしい部分のリカバリーをして頂いた。

本当に少し触って頂くだけで、例えば上がらない右腕も耳に付く位置まで上がったり、首の可動域が広がったり、と驚くばかりなのです。

これはやっていただいた方しか理解出来ないですが、間違いなく私はドン「ゴッドハンド」先生にリカバリーして頂くと全身が絶好調になるのです。

ドン「ゴッドハンド」先生に細部まで治療して頂き、次男と軽くプールで全身を冷やしながらの確認。もし痛い部分があれば、そのまま再度チェックしてもらえるし、万全な状態でロケにいける。それが一番大切であったので、確認を水中でも行い、リカバリーに努めた。

次男は楽しそうに泳ぎ、十分なる午前中の遊びを満喫していた。私は午後から仕事のため、急いで自宅に戻ったのだが、北海道ロケまえに感謝な時間となったのでありました。

宮本功三先生、またドン「ゴッドハンド」先生、日本工学院八王子専門学校柔整科のみなさん、ありがとうございました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu