【九州 玄界灘より発信!】マグロの季節がやってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【九州 玄界灘より発信!】マグロの季節がやってきました。

昨日まで、九州は福岡へ釣行取材でいってまして・・・。
ソルトワールドで連載している平松慶の「ヒラマサワールド」
取材のために、壱岐を中心としたヒラマサ狙いで、七里が曽根へ。
船は、いつも福岡でお世話になっている海楽隊・華栞丸です。
華栞丸の東野哲朗船長が、「マグロが出てるから、キャスティングも持ってきて・・・」との連絡。

(東野船長と、仲間のポチ君・タイドレジュ72Mにて)
もう、今年も始まったんだ・・・
ヒラマサはきっちり獲ることが出来、その内容は是非、ソルトワールドで
紹介していきますね。お楽しみに。
・・・で、マグロです。
東野船長が、「慶ちゃん、跳ねるかなっ」・・・と全周波ソナーを見ながら、反応を教えてくれる。
左前方と、真左濃い反応。
船は、左艫から流れていた。・・・出るかなぁ〜・・・。
デタァ!!」・・・誰かが叫んだ。
僕も、しっかりとマグロをチェック。うんうん。出た出た。
急いでキャスティングロッドに握り替える。一番信用しており、
僕が開発〜プロデュースした“タイドレジュ”です。
今回、七里が曽根のマグロということで、72Mをチョイス
7フィート2インチありながら、ソフトティップで、しっかりバット
だから、軽量な40gクラスのイワシタイプのルアーから、
トビウオ意識のトランペットのようなルアーでも対応出来る。
キャスティングマグロでの1本なら、絶対にこれ
ルアーは、ステッピンの15cm。レベルシンキングを使用。
フックは、カルティバのST−66の2/0をチョイス。
ミスキャストのし難い、扱いやすいロッドなのでストレス無くイワシを
追うマグロのボイルに一発で投入。よっし!
・・・2、3、4、・・・とカウント。そして、6くらいで「ぐっ!」
カーブフォールで食わせたく、キャストをしてすぐにリールのベールを
返して、スラッグを少しずつとり、ティップでバイトを聞いて行く

これが出来るから、“タイドレジュ”が良い。
扱いやすさ、ほんとにNO.1だと思う
ルアーを弾くことなく、マグロが走った。ベールを返しているので、
そのテンションでフッキング出来る。
少しの追い合せで、良い。

(ソフトティップで安心なロッド、お勧めの1本です)
物凄いスピードでマグロが走る。ソフトティップだから、しっかりと
マグロの柔らかい口にもルアーが付いていく。
ファーストランをさせ、そして落ち着いたところで、「ぎゅっ!」っと浮かしに掛かる。
やり取りも、強靭なバット部だから、安心だ。
スムーズなロッドのベントカーブを描く“タイドレジュ72M”。
あっという間のキャッチは、リフティングする能力と、ソフトティップを
共に兼ね揃えた証。

(Wヒットも、2人ともタイドレジュにてキャッチ)
船中3本の40kgオーバーのキャッチに、船中3人の“タイドレジュ”
今回、72Mと、78MHが、勝者になった!!
とても使いやすいロッドとして、絶対のお勧めです。初心者も十分に
使ってもらえ、また経験者もとても満足してもらえれるロッドが、
この“タイドレジュ”。
今年のマグロも始まりました。七里のマグロが、始まりました。

(対馬の春漁丸で七里に入った時も、すべてタイドレジュにてキャッチ)
急いでフィールドへ、是非。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu