トランジットでシンガポールへ。アルビン氏にご挨拶。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

Baliともお別れし、トランジットでシンガポールへ。
シンガポールのプロショップ、アングラーズ アウトフィッターへ。

そう!親友である、アルビンに会いに行って来たのだ!
アルビンとは、マレーシアのセイルフィッシュや東南アジアを中止に良く釣りに行く親友なのだ!
シンガポールに到着して連絡を入れると、喜んでくれた!
彼と会うのは、そうは言っても2週間ぶり(笑)
大阪のフィッシングショーで会っているので、それほど久々ではないのだ(笑)
共同経営している、メカニックのベンジンも居て、ショップで馬鹿話!
もちろん、英語で。

アルビンと初めて会ったのは、10年程前。
その頃、全く英語が話せなかった小生だったのだが、アルビンも驚く位、前向きに英語で会話をしようと努力する小生を喜んでくれる。
海外でたくさん釣りをしたい。
海外の魚の事、釣り場、スタイルなど、とにかく釣りの為なら何でも吸収したい、と思ったから単語だけでもぶつけてコミュニケーションを取る様にしてきた。

インドネシア語も一緒!
その時、瞬時の事がわからなかったりする事のストレスが嫌で嫌で仕方なかった。
アルビンは、下手くそ英語を一生懸命聞いてくれ、優しい単語で答えてくれる。
だから、小生も頑張って言葉を発する。


慣れが大切。言葉の慣れは、会話しないと進歩しない。
だから、少しのタイミングでも遊びに行って、会話したいのだ!
アルビンの店を出て、ゲイランで飯を食べて大満足。

ショートタイムなシンガポールでしたが、楽しい1日でした!
iPhoneから送信

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu