【youtubeにて動画配信開始‼️】チャンネル登録「keisabani」で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【youtubeにて動画配信開始‼️】チャンネル登録は「keisabani」でお願いしますね。

「週に最低でも1本(撮影してもらえる状況ならば)YouTubeを使って動画配信をしよう」そうある方から言われ、動画編集アプリなども全くわからないままアップル内の純正アプリ「iMovie」を使い、どうにかこうにか見様見真似で更新をしてみた。

先週から4本配信しました。アプリに慣れるまでは数をこなしていきたいので数を多く作るようにしたが、やはり慣れない作業なもので大変。

以前、この「iMovie」を使って動画ムービーを作っていたので、そこそこわかっていたつもりなのだが、バージョンが上がり、これまでわかっていた例えばキャプションコメントの入れ方が「あれっ、どこに行っちゃったの?」的不安が多々出て、今使っている最新アプリはまるで「浦島太郎」なのだ。

使い方のイメージは過去のものに沿うような動きで使えば対応出来そうなものであるが、実は実はそうでもなく、相当に戸惑わせられているのだ。
だから動画中のコメントの入れ方もイレギュラー的な方法でちょっとした文章を入れたり、切り抜気を作りたくても、簡単に一つの流れている動画をバッサリとして、その間に使用したい静止画を注入することも前のバージョンとは方法が違っている。

その場面場面にならないと変化している場所もわからないので、無駄な足止めもしたくないのでその状況時に臨機応変に対応するような無茶振りで進めてきたのだ。
だから「iMovie」を昔から使い続けている人は私のムービー作品を観たら「なんじゃ、こりゃ?!変な使い方してるなっ」きっとそう思うはず。
それでもとりあえず一つの作品を完結させねばならず、必死に更新を続けてみたのであった。

フィッシングフックの作成動画から配信してみた。

そもそも私が動画配信を再び真面目にやり始めたのは、地方でお世話になった漁師の方から「平松さんの使っているオリジナルフックの結び方を動画で欲しい」ということからであった。

私は過去スポンサー様との契約時にシングルフックの結び方を商品にして販売してもらっていた経緯があり、そのメーカー様とも契約が切れているので自社でリリースしようか、と思ったのだが、まずは私自身がオリジナリティーをもっとしっかり持ってもらいたくて自分で手結びして販売してみよう、と思ったのだ。

ジギング用のアシストフックを2種類、キャスティングプラグ用のシングルフック作成を1種類配信してみた。

何よりも一番喜んで頂けたのは、このムービーを作成するためのキッカケとなった地方でお世話になっている漁師さん。
その漁師さんからのリクエストがなかったらムービーの作成はなかっただろうし、YouTubeは私の動画ストック場のままであったに違いない。

新しいアカウントを作成して新たな気持ちで、と思ったけど、これまで使ってきたアカウントで今はいいかなっそう思って敢えて触るような事はしなかった。
だから子供とガサガサしたネタや柔道ネタ、それにフィッシングツアーネタも一緒に入っています。
でもそれも全て「平松慶」であり、隠すこともありません。ですから私のチャンネルでこれからも更新してしていきますのでご理解くださいね。

そして是非、私のYouTubeチャンネル登録をよろしくお願いいたします。
YouTubeを通してふざけたりする様なネタを配信するのではなく、「ハウ&ツー」を基本として考えて行きたいのです。

釣りにまつわること。その技術的な部分を文章で伝えきれないところで動画配信したくさんの方に観てもらい、新たな発見をしてもらったり、技術的なヒントなどが生まれたらそれだけで嬉しいです。

それを目指して日々更新してしていきますので、今後のYouTube配信をお楽しみにしてください。また、質問等がありましたら、ご連絡ください。動画配信でお答えする様にしていきます。

私のYouTubeチャンネル【keisabani】です。登録をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu