Thanx,“reflip”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

patagonia社のビーサン“reflip”がとうとう壊れてしまった。履き潰した、といって言いだろう。本当によく履いた。
image
沖縄に行く時も、ミッションビーチでも、oleでも、ぜんざいを食べに行ってた時も、オーストラリアにも、インドネシアにもトンガにもオランダにもどこにでも履いて行ったビーサン“reflip”…。
5年位前に入手したんですが、足の裏に接する部分が優しいスポンジ生地で本当に履き易くベタベタ感を感じさせない優れものであった。私は船の上での仕事中(釣り)は絶対にビーサンを履かない、と決めている。もちろん、ポイントまでの移動中はこのビーサン“reflip”であったが、ロッドを握ってのビーサンでの釣りはしなかった。
でも、こいつだけは「履きたいな〜」と思わせる程の優れものであり、船から降りると、すぐに“reflip”に履き替えたものだった。
image
でも、このビーサンで夏場、お店に行ったり大吉でスタッフmidoさんと飲んだりすると、必ず「びしょったい〜」とバカにする。バカにするのは、やっぱりソールの部分はペラペラになっていたし、スポンジの部分もチカラが入るところはすり減っており、やっぱり「びしょったい〜」※どうやら長野ではこの様な姿のものを「びしょったい〜」というらしい。見窄らしい?なのかな?思いっきり方言のようで…私はあまりピン!と来てませんでした(笑
image
昨日、柔道父ちゃんを発見し、ガサガサ!をしようと用水路に入った時に「あっ!」片方が切れ、でもそのまま履いてガサガサを続行。すると、もう片方も合わせたかのように引きちぎれ、「さよならしよう!」と諦めがついた。
今日、それでもどうにか「直らないかなぁ〜」と必死に考えていたが、その姿をみて「もう、これは無理でしょう」と女房からの駄目だし…。仕方が無いな…。
そんな事を知ってなのか、偶然ある仲間から、patagonia社の王冠バッジを頂いた。ほんと、何も関係ないけど、なんだかビーサン“reflip”と王冠バッジが繋がっている様で(笑
image
でも、「王冠バッジ」って、どんな場面にどういった付け方をするのが良いのだろう。今までたくさんpatagoniaのノベルティーグッズのバッジ類をもらったが、いっつもAtomなんかに付けていても、酔っぱらった時などにどっかにぶつけて吹っ飛んで行っており…(汗)だから、コレクションみたいに、自宅で瓶にいれて保管している状態(笑
誰か、王冠バッジの素敵な飾り方を知ってたら、教えて下さいね〜。

悲しさで堕ちている…。でも!
実は同じモデルをもう「ひとつ」隠し持っているんだ〜!!昨年廃盤になる事が知っていたので、昨年のうちに入手してずっと隠していたのだ(笑
でも、来年の春まで履かない!絶対に来年まで我慢する。そして、また国内外を一緒に旅するんだぁ。
ビーサン“reflip”第1号さん、お疲れさまでした〜。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu