1998年頃のパタゴニア社“パタロハ”で出勤!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

1998年頃のパタゴニア社“パタロハ”で出勤!

梅雨の合間の晴れ日って、とっても気持ちが良い。今日の座間エリアは午前中で29度。アロハシャツの季節になった。

まず『めっちゃ嬉しい!』

小生、数々所有する「パタロハ」の中でも特にこのグリーンの霞んだ雰囲気がお気に入り。
これから迎える真夏は、大好きなアロハシャツが毎日着れるから、嬉しいのだ!何度でも言う。「嬉しい!」(笑)

更にこのグリーンのパタロハと同じDesignの朱色も持っており、共に気に入って店などで着ているのだ!
Unknown
実は今思い出すと悔しい思い出が…。
それは…所有していないんだけど、同じ時期に販売されていたカラーで薄い紺色があったんだ。でもそれはお金がどうしても足らなくて。
買えず終いであったのを今も悔やんでるんだよなぁ。確か、WILD-1厚木店で勤務していた頃だったはず。
欲しかったなぁ〜。
釣具フロアーが2Fだったので、朝礼の時や、休憩時間に1Fのウエアーフロアーに行っては、「どれにしようかなぁ〜」
必死に悩み、終礼時にまだ残っていてホッとしたり。
財布の中と毎日相談しながら、グリーンのお茶色と、翌月に朱色を選んだ思い出。
image
10年以上前のものでも、まだまだ大切に着ているから、これからも永く着る様にしたい。
少し、洗濯で色褪せ、太陽に干して日焼けをしてるんだけど、それも「ヤラレ感」として満足。真夏はどうしてもA/Cシャツの出番が多くなりがちなんだけど、汗をフキフキしながらも「アロハシャツ」
さすがに釣りの時は、着ないけどね(笑)

そうそう。
タグは、もちろんのことなんだけど「pataloha」。でもそれ、旧タグだよ。
今まで全然意識していなかったんだけど、最近「あっ!これ、旧タグじゃん!」的に気付いた(笑)
Unknown-1
数あるパタゴニアのウエアーも「雪なし」とか、マニアな言い方をする人がいるけど、小生はあんまり気にしていないのが本音。
人から言われて気付くことの方が多いかなぁ。遠征に行った時に「平松さん、これ、めっちゃレアなジャケットですよ〜」って言われて、
「えっ!そうなの?」って感じ。
でもそれを聞いてからは、そのジャケットの扱いが丁寧になったけどねっ(笑)

ライギョゲームで使っていた、ウエストバッグがグレゴリーで、タックル倉庫を片付けていた時に出て来たので、しばらく使っていたんですが、どうやらそれも、レアだったみたいで。
グレゴリーの旧ロゴのウエストバッグは、長男が「これ、どうしても欲しい」って言って、大阪に持っていっちゃったよなっ。
タグとか、そういったことを気にする年頃なんだろうかねぇ〜。まあ、古着が好きな人なら、たまんないんだろうけどねっ。
小生は、古着を探すことはあんまりしないんですが、持ち物がいつの間にか「古着」になっていて。
モノ持ちが良いんだろうか?

好きな服を着ると、やっぱり気持ちも「ピシッ」とする。まず、「ヤル気」が普段以上に起こる。
仕事にも身が入る!しっかり売上作らないとなっ。開発も、原稿も、頑張らないとなっ。だから、繁忙期の今、パタロハを好んで着てるのかもしれない。
Unknown-2
朱色モデルは、以前も紹介したコレ!パタロハ着て、繁忙期を乗り切るぞ(笑)

※写真は一昨年のものです。今はもう少し「痩せてます」(笑)

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu