こんな使い方もあるよ。アグリティーベイト“バイブ”のコアな使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

K-FLAT株式会社製品である「アグリティーベイト“バイブ”」の使い方で、キャストするのみ、と思っていらっしゃる方が
まだまだ多いので、あらためてご紹介を。

image
当初の開発秘話は、「マグロのナブラを狙う!」であった。これは間違いないこと。
でも、テスト段階で様々な魚をキャッチする事が出来、鉄板バイブの強さを実感した。オフショアだけでなく、ショアからのヒラマサ狙いや、リフト&フォールでの中層でのブリも面白い程釣れている。特に秋からの時期にワラサ、ブリが荒食いするため、ジグでの反応の悪い状況でまちがいなく効果が出るので是非試してもらいたい。
image
使い方は、私はジギングロッド(通常、メタルジグを操作するためのタックル)にメタルジグからバイブに付け替え、ジグの様にバイブを投入。

バイブを中層まで沈める。
この場合、反応がよく出ている層よりも、10mは余分にカウントダウンさせる。その層でロッドにバイブの震え(動き)が感じられるスピードで引き、またカウントダウンをさせて引くレンジをキープする。このバイブは、船で引いていても、頭をあげて層が上がる事が少なく、そのレンジをしっかりと引き続けられるようにしてあるため魚の回遊する、またベイトの固まる層を確実にトレース出来る。これが、バイブの特徴のひとつ。
image
また、ナブラやトリヤマ下にイワシを追うワラサ、ブリはプラグでの反応が悪く、メタルジグでは沈むスピードが速いのと、沈む姿勢が悪いのでなかなか口を使ってくれない。その点もこのバイブの特徴であり、頭を下げ気味にフォールして行くので、まるでイワシが逃げる姿を模してくれる。ロッドワークもしゃくるようなアクションが必要なく、出来ればロッドを上下させる程度の動きを付けてやるとより効果的。
image
5投5連チャンのヒットは、たまらなく面白かったです。もちろん、秋のベイトには様々なターゲットが混ざるのでカツオやメジもヒットしますがこれからのシーズン、ブリやワラサをこのバイブで狙う楽しみ方を試して下さいね。

アグリティーベイト“バイブ”のページはこちら→http://www.k-flat.net/agility_bait_vibe.html
Goldicの販売ページはこちら→http://goldic.shop-pro.jp/?pid=64931867

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu