吉田類の酒場放浪記が好き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

仕事から自宅に戻り、一直線に冷蔵庫へ。ビール片手に摘みを探し、ソファーに座って1日の終わりを実感する。このホッとした時間が大好きなんだよなっ。

今日は、TVのお話し。

小生、バラエティー番組が「大の苦手」で、主にCS放送の紀行番組やドキュメンタリー番組を好む派(笑)
ナショナルジオグラフィックやディスカバリーチャンネル、アニマルプラネット、などが大好きで、日本での生活時だけでなく海外出張先でも字幕なんて当然なくてもよく観ているんです。
日本で放送されている内容よりもリアルな映像も多く、大好きな番組なんです。
image
でも。
自宅でこの番組だけは、楽しみにしてるんだよなぁ。この番組を見つけると間違いなくチャンネルを独占してしまう。それは「吉田類の酒場放浪記」
作家の吉田類さんが、味のある居酒屋をまわり、呑んで、常連さんと語るだけの番組。
image
その店のお勧め品や人気料理をアテに、土地のお酒の由来なんかを聞いたりして解説しながら酔っていく姿がまた観ている側も楽しくて。
この番組を観ながら自宅で呑んでいると、フラフラ〜っとつい、呑みに出掛けたくなる。
image
小生、ひとり呑みが大好きで、地方仕事の出張時もひとり呑みをしに出掛ける。
image
何となく入るお店で、その土地のお酒と料理で酔うのが大好き。
image
これって「吉田類の酒場放浪記」と同じスタイル。小生、いつしか「吉田類さん」に成り切って地方仕事時は呑んでるんだろうな(笑)
image
決して派手ではない呑み方だけど、こんな呑み方がたまらなく好きな小生であります!(笑)

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu