【タマゴ先輩】と呼ばれる由来とは。いつから「タマゴ先輩」になったのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【タマゴ先輩】と呼ばれる由来とは。いつから「タマゴ先輩」になったのだろう。

img_7990
沖縄の宮城梓君とインドネシアへ行った際、羽田空港からシンガポール、シンガポールでトランジットをしてインドネシアへ入ったのだが、その「トランジット」の際、航空会社ラウンジにて昼食を取っている時のこと。

大好きな「ゆで卵」が出ていたので、カレールーをゆで卵にかけて食べていたら梓君がじっと見ていた記憶がある。そして、デンパサールで一泊し、翌日フローレス島に入り、GTゲーム。
img_3670
夕食はホテルのレストランで取って、小生も梓君もステーキ。まあ、当たり前の晩ご飯コース。そして、翌朝だ。朝食は昨夜と同じくホテルのレストランでビュッフェタイプの朝食だったので、小生スクランブルエッグと目玉焼きとオムレツをチョイスしてテーブルへ。

「わっ!慶さんタマゴのオンパレードじゃないですかっ」
これには驚いた様子。でも小生、過酷な時こそタマゴを多く摂取して体力維持をしており、何ら普段と同じ行動だったので、それほど驚くことはなかったし、当たり前に過ごしていた。
img_7988(…とある日の昼食)

釣りの話しは、ここではなし。
無事日本に帰国し、今度は長崎県対馬へとヒラマサ狙いで向かった時のこと。この時も沖縄から宮城梓君が参加しており夜はいつもの『汐路』へと。img_9618

カウンターに列ぶお惣菜を何気なく頼んで座った。「だし巻きたまご、かしわの煮付け、おでんのたまご、ポテトサラダ…」運ばれて来た物をみて「タマゴ率高いっすね‼️」と梓君。img_9624

全く気にしていなかったのだが、小生も気付いて笑えて来た。

「慶さん、インドネシアでもタマゴ率高かったですよっ‼️」更に突っ込まれた。

どうやら、それ以来…梓君は陰で「慶さん、タマゴ先輩だよ」と言ってるらしい…事を耳にする様になった(笑)
【タマゴ先輩】か…(笑)img_6076

まあ、タマゴは大好きだから、嬉しいアダ名かもしれない(笑)

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu