【愛川町少年柔道大会】小学生の引率へ。2日みっちり柔道関係で行脚。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【愛川町少年柔道大会】小学生の引率へ。2日みっちり柔道関係で行脚。
IMG_6234
土曜日は、中学生の県央地区柔道大会の審判と引率。
いやはや、柔道に携う事が感謝だから文句はないが、ちょい忙しい…。中学生の翌日の日曜日は、小学生の柔道大会の引率。
「愛川町少年柔道大会」吉原道場は3.4年チーム、5.6年チームの2チームがエントリー。

この大会は、3人戦の団体戦。
神奈川県外の道場も多数参加する、かなり大きな大会です。実は小生初。故郷の愛知県や女房の故郷である京都からも参加しており、女房と小生は「どっちの県(府)が上位に絡んでくるかなっ」と開会式が始まる前から、地元故郷を陰ながら応援。
次男は3.4年チームの先鋒に選ばれていたので、うまくチームの流れを作らないといけない役目。この大会はA〜Fだったかな。各グループのリーグ戦で1〜3位を決め、午後からは決勝トーナメント戦になる。
IMG_6235
今回は小生、審判はなく生徒の引率。会場がひろいので4年チームと6年チームの試合毎に会場を動き回っての応援です。

予選リーグでは嶺心会(神奈川県)、まるや接骨院柔道教室(山梨県)と、強豪チームの中に入り、正直『厳しいだろうなっ』が本音であった。
しかし試合をしてみればリーグ内でなんと、1位通過。午後からの決勝トーナメントは1部(1位リーグ)でスタートし、八三塾(神奈川県)に勝ち、準決勝で古賀塾(神奈川県)に2-0で負け、3位の結果でした。

1位決勝は、古賀塾と羽田野道場(愛知県)で古賀塾が優勝。

5.6年チームはリーグ内3位通過で、決勝トーナメントは3部で1位。
IMG_6249
54柔道所属チーム出場の中で吉原道場チーム、元気に頑張ってくれました。小学生からたくさんの元気を頂きました。笑顔が素敵でした。小生も、元気いっぱいの小学生に【感謝】です。

IMG_6153試合会場から自宅までは30分。試合後は女房、次男を自宅に降ろし、その足でお店に出勤。夕方から閉店までしっかり仕事。メリハリある一日でありました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu