【ザックは楽で活動的】パタゴニア ブラックホール パックを背負ってどこへでも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【ザックは楽で活動的】パタゴニア ブラックホール パックを背負って、どこへでも。

寒くなると、手のひらをポケットに入れたくなるのは誰でも自然な行動ですよね。ついつい小生も飲んだ帰りなど、気付かないウチに無意識に手を入れちゃいます。

しかし、両手をポケットに入れて移動時など動く事でたくさんの危険やマイナスが発生してしまいます。

咄嗟の時に、両手で身を守れない。蹴つまずき、肘や手首を怪我しかねない。
猫背になり、肩が凝る。自然と視線も低くなり、広い視野視界を妨げてしまう…。こう言ったいくつものマイナスが常に自身の姿勢から起きてしまうのだ。

息子には『手提げカバンはダメ。必ず両手の自由が利くザックにしなさい。手が寒い(冷たい)なら手袋をして行動しよう』
常日頃から口にしているので、必ず外出時にはザックを背負って行動する様にさせているのだ。息子に言うからには自分もしっかり発した言葉を守らなくては。

さて、今日はザックパックの話し。
様々な場面で小生TPO(服装ではないが…)に合わせてパタゴニアのザックを紹介しているが、今回はブラックホールのザックパック。

(画像をクリックして頂くと、より詳しいページにリンクされ、そちらからのご購入も可能です)
パタゴニア公式サイト ブラックホール・パック 25L ハイキング Navy Blue w/Paintbrush Red

ブラックホールのザックパックは2種類容量違いでサイズがあるが、展示会への出張時や都内での打合せの時などにとても重宝している25Lが最近のお気に入り。
飛行機などを乗り継ぐ様な遠征時もブラックホール ザックパック25Lを背負い、乗り継ぎ時の煩わしさもこれで解消されている。

またブラックホール ザックパック25Lは細かなサブポケットが充実しており、エアーチケットやパスポート更にiPadなどの出し入れもとても便利であるのだ。
それにザックの両サイドにマイボトル(クリーンカンティーン)など出し入れしやすいネット状ホルダーがあるのでわざわざザックの中にボトルを仕舞わなくても簡単に出し入れ出来るのだ。

両腕を大きく広げ、両手を自由にし、行動の妨げにならない。これがたまらなくお気に入りなのである。
またTPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)素材生地により、強度もしっかりとしておりDWR(耐久性撥水)生地により軽い雨などから中身を守ってくれる撥水効果があり、大切なMacBook Airの水没なんかにも心配無用。

大きな間切をした蓋の様な開閉部分だから、ガサッと荷物をしまい、サッと必要なモノを取り出せる。とにかく使いやすいから、たくさんの方にブラックホール ザックパック25Lの素晴らしさを感じてもらいたいのだ。

柔道家もガサッと柔道衣を入れ、ガッツリ背負い使用していました。釣り人も柔道家も愛するパタゴニア ブラックホール25Lザックパック。

最近は、このザックパックの利便性に惚れ、これなしでは行動出来ないほどに使い込んでいます。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu