【御縁が結ぶ釣りの神】出会いを大切にした繋がりに『感謝』島根ジギング編。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【御縁が結ぶ釣りの神】出会いを大切にした繋がりに『感謝』島根ジギング編。


「来年も必ずお邪魔しますね。お世話になりました、ありがとうございました」
そうポイント釣具出雲店の宮崎店長に2018年4月18日に伝え、それから365日経過して2019年4月16日に出雲入りをして再び宮崎店長とお会いできる事に驚いている。

この1日も昨年とズレていない動きは一体何なのだろう。そう思ってしまうほどに偶然が重なった。

出雲大社樣は「縁結びの神様」と知り、もしかしたらこの結び付けは出雲大社様がそっと結んでくれたのかも知れない、と出発前に思ってしまったのだ。

SNS「Facebook」には「一年前」や「7年前」など、その数年前の投稿が出てくるのだが、その投稿が出て来てビックリした。偶然が繋がった今回の出雲大社沖での3年連続「ポイント釣具店スタッフ様実釣講習会」

山陰エリアの店舗ソルトスタッフ様が企画してくださり、ヒラマサをどう狙っていくか、等の講習会をさせていただいており、今年で3度目。
初めて行った年は小型のヒラマサが少ししか出ずに焦ったのだが、昨年はフィールドの様子も掴め、どうにかフィールドに馴染む事ができた。

今年は更に私が「スタッフ様ヒラマサ全員安打」を目標としており、スタートから気合いを入れてジギングをしたのでした。
今回も変わらずお世話になったのは「幕島丸」大國彰彦船長。ショップスタッフ様は5名、それに私のジギング動画を撮影するピュアフィッシング後方の立原さんと私で7名での出船となったのでした。

主なポイントは日御碕沖。
馬の背状に伸びている瀬周りにヒラマサがついており、前日はキャスティングで10kgクラスがキャッチされていると聞いた。
これが起爆剤となり、ショップスタッフ様もしゃくるアクションに気持ちがしっかりと入っている。私が3尾ヒラマサを連発させ好調な様子をみなさんに伝えると、さすがフィールドに精通されている方々ばかり。

1尾、2尾、とジワジワ釣果を追いついてくるところがさすがであった。

ガミージグガミーファットケイジグケイジグシャープケイタンジグ、などの使い方をお伝えし、お店に戻った際に販促で使っていただける様なトークコメントも色々お話しさせていただきました。

こうした現場主義での講習会は本当に技術などが伝えやすく、またスタッフ様もお客様へのトークネタが増えて頂けるので嬉しい限り。是非、販売で効果的な内容になっていれば、幸いですねっ。

午後を少し越えた頃にスタッフヒラマサ全員安打、隣、無事今年の実釣講習会も終了。

「幕島丸」大國彰彦船長はじめ、スタッフの皆様、お世話になりました。この様な機会を設けていただき、感謝です。

必ずまた来年もお声を頂ければ出向いて参りたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu