Goldic【平松慶 手結び‼️】オリジナル ハンドメイドフック製作してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【平松慶 手結び‼️】オリジナル ハンドメイドフック製作しています。

これまでスポンサードしてもらってきたメーカー様につくり方や使い方を伝えてメーカー製品にしてロイヤリティを頂いてきたオリジナルフック。

契約も終わり自社製品としてリリースしようかと考えてみましたが、先ずはGoldicでリリース再開してみようと思い、2つのフックを紹介してみました。

ジギングフック。(フェイクアシストフック)


これは過去のレコードフィッシュを塗り替えてきたオリジナルフックで「フェイクアシストフック」なる名称で親しまれてきたモノ。
イソマグロの73kgやヒラマサの20.5kgなど私にとって忘れられない大切なメモリアルがこのフックには刻まれてきた。

作り方は簡単だと思うのでひとりでも多くの方に使ってもらいたいし、作ってもらおうとYouTubeを利用して動画配信しておきました。

youtube動画は、こちら→https://youtu.be/wqEt0YHE30A

熱収縮チューブを使用し、形状が歪んできたらライターで炙り、チューブに熱を加えて形状を再生出来る優れもの(熱収縮チューブの限界を超えたらアウトですが)。

だからアシストフックのチモトが変に曲がっても直るから便利なんです。

キャスティングプラグ用フック。(キャスティングシングルフック)


今作成しているモデルは、プラグのサイズが18~24cmくらいがベストマッチのサイズとして作成しています。
このサイズはトレブルフックであれば、ST-66 3/0サイズに合わせて意識しているのです。カルティバ ST-66 3/0サイズは7gであり、私が作成しているフックはSJ-41TN 9/0を使用しており3g。

フックが軽くなりフック抵抗が3本(トリプル)から1本(シングル)になったので水中での抵抗も少なくなり、ルアーが持つ本来の動き以上にトリッキーな動きを発し、ヒラマサやぶり、マグロ等が無意識に追加バイトを重ねてくれるのです。

シングルフックの特徴はこうした「追い食いバイト」を誘発させられるだけでなく、例えばフックの返しを潰しバーブレスのすることで魚へのダメージも減ります。
リリース前提でゲーム展開をする方なら、バーブレスにされていると思いますし、返し(バーブ)があるものへの対応もご存知だろうと思うのであえてここで唱える必要もないかと。

youtube動画は、こちら→https://youtu.be/qdXqwvRV6xE

シングルフックの特徴はプラグの動きが良くなる。魚がミスバイトした際の追加バイトを誘発しやすくなる。バーブレスにするならば、魚へのダメージが軽減される。シングルフックであれば、身切れ(口切れ)なども恐れずに強引に強引にファイトすることも出来る。などだ。

今後の「平松慶 手結び‼️フックの展開は?

今後、サイズも大型サイズ、小型サイズ、とコツコツ作成していきますので、その都度ネットショップには追加していきます。もちろんサイズ追加の告知もしていきますのでしばらくお待ちください。

これはキャスティング用プラグのシングルフックだけでなく、ジギングフックも増やしていきます。往年の人気フックである「アキツイストフック」でもフェイクアシストフックを作成する予定です。そちらも合わせてお楽しみにしてください。
※プラグのサイズが18~24cmくらいがベストマッチのサイズ
またGoldicにご来店くだされば、随時フック作成講習会を行います。
「あのフックの結び方を教えてください」と言ってもらえれば、喜んで講習レクチャーさせていただきます。ラインシステム、も同様です。お気軽にお尋ねくださいね。

普段は日本各地にて有料講習会等でお伝えしてきているシングルフック講習やラインシステム講習。Goldicにご来店くだされば、いつでも好きなタイミングでレクチャーさせていただきますからねっ。

一応、動画を撮影してくれる人がお店に来たらの話になりますが、次のフック動画更新は「ジギング ダブルアシストフック」を予定しております。そちらも是非お楽しみに。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu