【PENN 平松慶キャスティングゲーム動画配信‼️】ヒラマサゲーム動画UP‼️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【PENN 平松慶キャスティングゲーム動画配信‼️】ヒラマサゲーム動画UP‼️


春の時期に合わせて日本海 島根県出雲市エリアを中心としたキャスティングゲーム動画がYouTubeにて公開になりました。
テクニカル アウトドア ウェアのパタゴニア
pennリールやAbu Garciaなどを扱う総合メーカーのピュアフィッシングさんからです。場所は出雲大社前から日ノ岬に走り、毎度お世話になっている幕島丸さんガイドにて日ノ岬沖でヒラマサ狙い開始。

朝一番は船長がキャスティング、私がジギングで様子を確認しましたが、すぐにキャスティングゲームの方が水面で魚の匂いがしたのでジグはやめてプラッギング。

幕島丸船長は最初からプラグでヒラマサを探る。広い範囲で水鳥が飛び、ボイルなども時に起きる朝イチだったのでトップゲームでの気配濃厚。

「平松さんも、キャストやりませんか?」そう船長から言われ、ふたしゃくりでジグをやめプラグでキャスティングゲームに変えたのが良かった。

水深はトップ13mのシャロー周りが一番気配濃厚なポイント。私はアルモミス サンマで朝一番の御幸が指す海面を丁寧に探った。幕島丸船長のルアー後ろにヒラマサらしき気配が付いたのだが、それ以上のバイトには繋がらなかった。

私は神経をプラグの動きに集中させ、とにかく状況を把握しながら丁寧な操作に徹した。それが功してヒラマサからのバイト。まずまずのサイズ。船縁までは直ぐに寄って来るのだが、最後の詰めが難しい。とにかく暴れ走り回る。

下へ下へと潜り出したい強さがヒラマサの面白さ。12kgサイズに満足。日ノ岬から指す御来光が眩しかった。それからもチェイスは続く。しかし明らかに朝イチ反応してきたサイズとは違い、小さくなって来ている。

プラグの下についてくる良型もみえているのだが、どうみてもひとつ活性が足らない。船長は一級ポイントを外し、他へ移動。ポイントの叩き過ぎを警戒しての移動だ。

午後から風が出る予報は的中し、どんどん天候は悪くなる。晴れ間こそ出ているが風が強くなるにつれ、雲の動きが早くなってきていた。ラストは朝イチ良かったポイントの近くに再び入る。

荒れる前のワンチャンであった。やはり、ポイントを休めただけあり、再び良型が口を使ってくれた。同じく10kg超のヒラマサ。
テクニカル アウトドア ウェアのパタゴニア
離島などではなく、港から10分も走った場所でこうして10kgクラスのヒラマサと楽しめる場所。


これから先の出雲ヒラマサキャスティングに目が離せない。是非、ムービーでご覧ください。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu