梅雨前の、レインウエアーメンテナンスは大切です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

メンテナンスは大切です!
先週末まで行って来た今回の宮崎釣行で、見事に連日の雨仕事。レインウエアーが脱げない時間が多かった釣行だったのですが、フッと気付いたのは…「レインウエアーの撥水効果が落ちている」事。
image
これ、見事に小生のミス。

高価なレインウエアーでも、年数を得て、度重なる使用に少しずつ「撥水効果」が落ちて来ていたのだ。
実釣以外でも、ランニング時に使用したり、ちょっとした出先にも着用していたので、いつの間にか【一番大切な雨時に】100%の効果が出なかったのだ。

今朝は、少し早起きをしてレインウエアーだけを「ニクワックス」の洗剤と、乾燥させてからの「協力防水剤」でメンテナンスを行いました。
image
まず、ゴアテックス等の浸透防水ウエアーを洗濯機に入れ、専用のロフトテックウォッシュ(洗濯用洗剤)でしっかりと洗う。
洗濯機が終わり出来上がったレインウエアーをまず、風通しの良い位置で乾かす。
(本当は日陰の方が良いが時間の都合もあり、太陽光がバッチリ当たる位置で干してみた)
image
朝8時にはしっかりと乾いたので、今度はTX ダイレクトスプレー(強力防水剤)を用意。
image
撥水効果の弱まったレインウエアーだから、スプレーをすると、効果が効いていない場所は防水剤が染込み、色が変わる。
主に、ロッドがよく当たる脇部分や、肩、背中などが染込んだので、薄くスプレーを噴いては、乾かす。
洗濯したレインウエアーは3枚。ジャケットが2着。パンツが1着。

以前、めんどくさがりの小生、一度にこの強力防水剤を噴いて、ムラが出来たので、もう同じミスはしない(笑)
image
薄くこま目に噴いては、しっかりと染込ませ、干す。1着干している間に、もう1着を噴き、干す。
image
今日の神奈川県は晴天なので、すぐに乾いてくれる。このマメさが大切。
薄く噴き、レインをこすり合わせる様に強力防水剤を馴染ませて、干すことを何度も繰り返す。
すると、最初は染込んでいた部分もスプレー剤を弾く様になり、見事に成功。

ニクワックスは、乾いて着る際、少し「スッパイ匂い」がする。これ、ニクワックス強力防水剤を使用した方なら、お分かりのはず(笑)
でも、土砂降りの中、ジワジワと染込んで来る冷たい雨で下着までビッショリになるよりも、絶対に「マシ!」小生は、あんまり気にならないし、撥水効果が高いから、絶対におススメ。
image
高価なレインウエアーでも、メンテナンスを怠ると、やっぱり劣化する。
劣化したら新しいものを買うのも、もちろんその人の考えだから、あまりとやかくは言えないが、小生は

『物を大切にして、長く使いたい』考え。

レインウエアーは、これから梅雨を迎える本州で、なくてはならないもの。
梅雨に入ってしまったら、太陽光が現れるのも少なくなるので、梅雨前に、是非お持ちのレインウエアーをチェックしてみてはいかかでしょうか。
image
【土砂降りの中の釣り】は本音、最悪です。
でも、レインウエアーがしっかりとウットオしい雨を弾いてくれたら、きっと楽しい釣りになると思います。

こま目に「メンテナンス」これ、ほんと重要。少し早起きをして時間を作り、釣具だけでなく「レインウエアー」のメンテナンスをやってみて下さいね。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu