2007年冬。【インドネシア】バリ〜ロンボク島釣行会。その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

2007年冬。【インドネシア】バリ〜ロンボク島釣行会。その2

夜の食事も、釣行時の楽しみのひとつ。
今回は、超現地?!料理を食べに行ってきました。。。

ローカル食なだけに、衛生面?も若干心配ではありましたが、野人軍団なだけに、イケイケ☆どんどんで、goooo〜!!
メッチュ、あっ、いや、違ってビンタンをぐびっ!と何本かやり、
良い気分。
20000ルピアを持って、ふらぁ〜ふらぁ〜とお摘みを買いに。
何の肉だか解らないけど、周りの人が旨そうに手で頂いていたので、その同じ物を指差して「これ!下さい!!」・・・と。
そんなこんなでみんなで赫々購入してきたのがメインディッシュ。

兄貴と僕、もうがっちり出来上がっております。。。(笑)
こんな勢いでガンガン頼んでも、安価なんですよね、バリは。
やっぱり食事でも大騒ぎし、釣行時も、真剣に〜。
これが、良いですよね。

翌日、「釣れます様にぃ〜♪」とがっちり僕もお祈りを。バリに来ると、この気持ちも大切にしたくなりますよね。
つい、手を合わせてしまうのであった。。。

・・・さあ、釣れるかなっ。
海は、物凄い潮流でした。相変わらずの潮波とうねりと流れ。
強い流れの中から出てくるトレバリーは、それは凄いパワー。
今回は、シェルシェーピングルアーズ「夏至南風」のブラックを使用し、シルエットをはっきりと
させるよう、努めてみました。

太いポップ音を出すように、ダイブをしっかりとさせる。ただ、むちゃくちゃなジャークではなく、水噛みを
しっかりと確かめながらのダイブジャークをすると。。。

やっぱり、お祈りが効いたのかな?!
良型をキャッチに、ほっとする。。。

その後も、魚は何発もみんなのルアーに反応するも、バラシの連発。
もったいないけど、これは、激流の中でのゲームが始めての人が多く、いつもとは勝手が違い、バラシてしまっていた。

・・・次が、ある。次に賭けましょう〜。
フルーツの王さまその名も(ドリアン)を今日も頂き、悪臭に船内では、クレームが(笑)

やっぱりみんな、この匂いは駄目らしい。。。
ドリアン、これ、僕も最初のマレーシアでは、涙☆涙でした。

しかし、食べなれてくると、もう病みつきに。

釣りに集中したい時は、食べないようにする。何だかっていうと、ゲップから出る悪臭で集中力が欠けるから。
でも、パワー出るけどね、食べると。。。

帰港後は、ジャグジー風呂と、プールでリラックス。これ、最高に気持ち良かった〜☆
もう、疲れた体をお風呂でゆっくりと伸ばせ、肩に溜まる疲れを
スイミングでストレッチ出来る。

さらに、プールの中にバーがあり、ついでのビールも出来てしまう。
うんうん、なんという贅沢か。

今まで何度もバリに来ていて、こんな楽しいバリは無かったぞ!!
是非、お勧めしたいですねっ。

次回の11月も、きっとここだろうなぁ〜(笑)
最高だもん〜♡

ゆっくり、風呂でリラックスの3人でしたぁ〜。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu