古巣に恩返し。【WILD-1厚木店】昨日の棚卸しバイトに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

古巣に恩返し。【WILD-1厚木店】昨日の棚卸しバイトに。

行って来ました、古巣の職場アルバイトに。
何だかとっても懐かしく、また今自分が現役で棚卸し業務を焦っているかのような錯覚にも感じたスタートでした。
なるべく自分のやってた時と業務内容や、進行状況を合わせないように、
そんな思いで業務をしていたんですが、つい・・・。
「これ〜、○○さん、返品してないですねぇ〜・・・」
とか、
「委託品ですよぉ〜・・・」
とか。

別に、仕事が出来る、出来ない、といったことでデシャバルんじゃなく、つい目に付いたことを、古巣なだけに、口にしてしまって・・・。
もう、今はここのスタッフじゃないんだ。当日アルバイトなんだ・・・。そう、言い聞かせての7時間バイトを終了してきました。

・・・その夜。
同じ担当の釣りスタッフが前から聞いてはいたんですが、今回で退職をされるということで、スタッフ全員で送別会をするとの連絡が入り。なんと、僕も呼ばれることになり・・・。いいんだろうかぁ〜?参加して・・・。
そんな思いもありましたが、送別会と、棚卸しの毎年恒例の打ち上げを兼ねてるようなので、参加させてもらってきました。

店長や、後輩にあたるみんなと話していて、ほんと懐かしかった〜。実は呑んでる暇がないほど、僕のほうも今、バッタバタなんだけど、こんなに久しぶりに古巣のスタッフと時間をとり、話しが出来、懐かしさと、自分自身へのあらためての活力になりました。

そして、棚卸しで「指摘してもらったことが、よかった・・・」、とデシャバッテ言ってしまった一言が、お世辞ではなく、喜んでもらえたのが今回の当日アルバイトを得て、一番嬉しかったことだったと、昨夜みんなで呑んでいて感じたことでした。

「また夏の棚卸し、宜しくお願いしますね」と仲間に言われ、嬉しく感じた昨日のアルバイト〜送別会でありましたぁ〜。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu