「金沢フィッシングショー」開幕。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

「金沢フィッシングショー」開幕。
朝はホテルから釣り仲間であり、お客さんでもある勝本さんに会場となる「フィッシャーズ金沢店」様に送ってもらいました。image
実はこの日、早朝より大浴場で身体を伸ばして来たので、かなり体調が良い。やっぱり深酒はダメだ。早寝早起きが1番だと実感。
朝は全体の朝礼があり、ミーティングを済ませて10時に開場。もう、開場時間前から長蛇の列。
フィッシャーズ金沢店様の勢いが、強烈に伝わる。
私は初日に【オフショア】アングラーとして、40分のピンでのトークショーを12:30より予定されていた。
実は昨夜、ホテルでTVを観ていたら「オールスター勢揃い‼︎」とこの日のフィッシングショーのコマーシャルをゴールデンタイムに放送されていた。このショーの規模の大きさが伝わる。image
小生は、開場時は自社のブース前で接客。輪島沖でのヒラマサ狙いの方が、やはり多くヒラマサとブリとの釣り分けなどを話させてもらった。image
12:30からの【オフショア トークショー】は、接客時にいくつか質問を受けた内容を組み込んでの内容。
image
メタルジグを操作する際の【線の動作】と【点の動作】について。

【線の動作】は、ヒラマサやブリが捕食時強く意識して行動する『動体視力』を刺激した狙い方。
【点の動作】は、ジグの動きを3D効果で説明し、捕食時によりベイトを追わす動きを模した狙い方。

この両極端な【線と点の動作】の特徴をわかりやすく解説しながら、ジグのカラーや、水中での魚が反応するカラーへの行動パターンなど、ダイビング時にテストしてきた話を添えて、トークさせて頂いた。
私の持ち時間内でのトークショーも、制限時間を超え始め、そろそろ締めないとなっと考えながら話していた矢先…
私の視界に、黒鯛工房 プロスタッフの兼松伸行先輩が。
釣り業界ではジャンルが違うが、柔道では、超大先輩。先輩を見て、一瞬に緊張が(笑)
image
兼松伸行先輩は、壇上の私に手を振って下さり、もうその時点で恐ろしい程の汗が流れ始め…汗。
釣りのトークは、うまく出来ましたが、最後の締めはグダグダな小生でありました(笑)
やっぱり、柔道界のレジェンドには…緊張するなぁ。
image
二日間、たくさんの方々とジギング、キャスティングのお話しが出来ました。
県外からも釣り仲間が集まって下さり、あらためて北陸のオフショア熱の高さに実感し、この夏は輪島沖での釣行も予定に組み込まれたのは、当然となりました。
image
フィッシャーズ金沢店のスタッフ様、またご来店下さったアングラーの方々、有難うございました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu