パタゴニア 【ウインド シールド グローブ】平松慶、絶賛‼️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

パタゴニア 【ウインド シールド グローブ】平松慶、絶賛‼️
imageimage
「平松慶は、冬でもグローブをしない」これ、冬の時期に釣りをしている時に色々な方から言われた。
取材時にもカメラマンから「手が冷たくないですか?」と良く言われたが、そりゃあ【寒い】です。

でも今までグローブをしない理由がありました。

冬場、ジグを操作する際タフコンディションでのゲームが多く、ひとつでもバイトを拾いたいのが正直なところ。
ロッドから伝わる海中の情報は、どんなモノでも把握したいのだ。

寒さがツライと言ってゴアゴアな釣り用グローブをしてしまうと、水中の様子が掴み難い。だから、グローブは出来る限りしないようにして来た。

しかし‼️このパタゴニアのグローブは、違う。

image
【ウインド シールド グローブ】品番#33335
   ¥6480-(税込) カラーCAN(グリーン)、HMB(ブルー)、BLK(ブラック)の3色
imageCAN(グリーン)imageHMB(ブルー)imageBLK(ブラック)
このグローブ、とにかく生地がストレッチタイプでフィットし、ロッドを握る部分は「合成シャモア」のオーバーレイでグリップ力もアップ。

また、余分な熱と水分を発散してくれるキャプリーン素材。
指先は、iPhoneなどのタッチパネルに対応する素材が使われている。実釣時に、釣果や風景を写メしやすいのも嬉しいところ。
imageCAN(グリーン)
小生、かなり手の平は広い(大きい)方だが、このアイテムでのサイズはLがベスト。グローブの特徴である【フィット感重視】でサイズを選ぶ様にして欲しい。かなり、伸縮性のある素材ですから。
imageCAN(グリーン)
因みに、今まで良く使用してきたホッツ社のグローブはXL、オーナー社のグローブもXLもしくはXXLを小生は使用。共に手のひら部分が合皮で分厚く、ジギング時には、小生は使いませんでしたが。
主にヒラマサやGT、マグロのキャスティング時に良く使用していました。

今回紹介するパタゴニア 【ウインド シールド グローブ】は想像を越えたフィット感、そしてソフト生地。間違いなくあなたのジギングシーンをガラッと変える逸品になるはずです。

冬場のジギングシーンで早く使用したい。寒い対馬でヒラマサ狙いの時を想像しても、指先を常に暖める様に息を吹き掛けていた様子が目に思い浮かびます。

でも、もう【ウインド シールド グローブ】があるから、安心。

(画像をクリックして頂くと、より詳しく説明され、こちらからでもご購入が可能です)
平松慶、絶対の【オススメ】アイテムです。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu