【炎の乱取り祭り】9月の乱取り祭りは、フランス柔道留学生と乱取りに燃えました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【炎の乱取り祭り】9月の乱取り祭りは、フランス柔道留学生と乱取りに燃えました。

久々吉原道場に顔を出し、現役学生と稽古した翌日は朝から日本工学院八王子専門学校へ。

月に一度の【炎の乱取り祭り】に参加。もうこの稽古主旨は何度も紹介して来たが、専門学校生OBの月イチの稽古と、周りの柔道好きな大人達が、良い汗を流そう‼️そんな集まり。この日は、次男と女房を連れての乱取り祭り。
img_7885
9時には道場へ入り、宮本功三先生にご挨拶。

雑談しながら9時過ぎには、柔道愛好家の方々がゾロゾロと…。その中に、フランス人も混ざってるではないか。パテシエ飯田篤さんが、フランス柔道留学生を連れて来てくれた。

小生、急いで身体のUP。柔軟運動から開始し、道場内を軽く走る。10時15分から【炎の乱取り祭り】は開始となる。
日本工学院八王子専門学校の柔道部員に打ち込みの相手をしてもらい、ジワジワと汗が出て来た。

さあ、乱取り祭りの開始だ。まずは、日本工学院八王子専門学校の柔道部員に乱取りをお願いする。普段から稽古慣れしている相手なだけに、なかなか技が出せなくブロックされてばかり。先手で動く様にしているが、どうしても【極め】が足らず、一本を取れない。
(シュータ君との乱取り動画は、こちら。)

シュータ君との乱取りで、ある程度動ける様になり、数人と乱取り。この【炎の乱取り祭り】は毎回4分の乱取りを23〜25本は行い、小生の目標は毎回20本。でもいつも18本辺りでアウトになる(笑)

今回も、ひとりの相手と3本ずつ位ぶっ通して乱取りをする。強い相手、若くて元気な相手、小生よりも先輩などなど。

その中でも大産大OBのヒロヤ君との乱取りは毎回燃える。今回ももちろん乱取りさせてもらった。
小生よりもひと回りもふた回りも若くてデカイ。掴まれたら、直ぐに持って行かれてしまう。だから、組手を徹底しチャンスを見つけながらの乱取り。最高に、楽しいのだ。
(ヒロヤ君との乱取り動画は、こちら)
後半、相手の大外刈りのタイミングをズラせて、上手く返せられたのは嬉しかった。

その後、重量級のフランス柔道留学生、中量級のフランス柔道留学生共、乱取りをさせてもらった。
ふたり共に言える事は、とにかく組手が独特。
日本人の組手ではあり得ない組み方を普通にして来て、技の入り方も違うので勉強になる。
重量級の方は、確か「セバスチャン」と名乗っていた。
(セバスチャン氏との乱取り動画は、こちら)

もうひとりの中量級のフランス柔道留学生は、特に組手が独特であった。肩襟の組手から、腕をクロスしながら引き手を取りにくる。これには、驚くばかり。
ふたり共、とても柔道を愛しているのが、よくわかる。海外の方と乱取り出来るのは、本当に有難いこと。
(フランス柔道留学生、中量級の方との乱取り動画はこちら)

ラストの動画は、小生よりもひとつ先輩の、明楽さん。日藤柔道部で、国体選手。明楽さんも現役復帰され、今はガンガン稽古されている。
お互い「生涯柔道」を目指し、柔道を楽しまれている。
(明楽さんとの乱取り動画は、こちら)

平松慶,
炎の乱取り祭り、月に一度だが、とにかく大量の汗を流し、柔道愛好家が集まる素敵な時間。
今回も日本工学院八王子専門学校の学生、OBに感謝。そして宮本功三先生に感謝な1日でありました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu