【釣行後のルーティン‼️】主夫の如く動き回り、これが小生の役目です(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【釣行後のルーティン‼️】主夫の如く動き回り、これが小生の役目です(笑)
img_8916

釣行翌日は、出来るだけ釣りの片付けを残さない様にしているが、今回はタチウオ狙いで久々の夜釣りロケ。おまけに土砂降りであったので夜中に帰宅し、直ぐに残り湯を温め直し入浴。そのまま、バタンキュー…であったのだ。img_8910

濡れたままのパタゴニア 防寒レインや金属類などが心配で今朝は気合い入れて早起き。Goldic出勤の午前中をフルに活用し出勤時間までに昨日の片付けをしなくては…とアレヤコレヤ動き回ったのだ。

ヤらなくてはならない事をメモに箇条書きする。その中で優先順位を付けて作業開始。

グシャグシャに濡れた、釣りウェアーの洗濯。
パタゴニア社の防寒レインウェアーをズブ濡れ状態で車中に放置。まずこれから取り掛かる。
自宅のデッキから曇り空を見上げながら、雨が降って来ない事を願い大切な防寒レインウェアーを洗濯。
昨日感じた事は、かなり撥水効果が弱くなっており、再度撥水効果を効かせるメンテナンスをしたいと思いながらも、まず海水と雨水と魚の滑りで汚れた防寒レインを洗濯。img_9096
さらにアンダー(キャプリーン)上下から厚底ソックス、キャップ等まで、全て。img_8789

車中もグシャグシャ。片付け。
濡れた防寒レイン、ゴム長、フィッシングバッグ、魚の入ったクーラーをリアスペースに入れての帰宅であったので『classicなvolvoちゃん』のお掃除もしてやらないと…。

ただでさえボロが来ている『classicなvolvoちゃん』昨夜の東名高速走行中、寒かったのでヒーターを入れての走行であったが、車中に魚臭なのか謎の悪臭なのか、湿気がこもった匂いが充満していたので、車内を水拭きして匂いの元をとらなくては、と。img_8380
ファブリーズ(笑)を水拭きした後に降り、ゴミなどを全て出して終了。

釣れた魚達を、美味しい頂く下準備。
普段なら、必ずやるのに…。昨夜は帰宅後出来なかった…。ほんと疲れ切っていたのだ(笑)
img_8917
ビニール袋に入れたまま冷蔵庫にアジやカマス、タチウオ、イカなどをぶち込んでいたので、こいつらを今夜食べられる状態にしなくてはならない。
我が家のお約束がひとつあり「釣りに出ても構わないが、魚は持込むな。魚を食べたいなら、内臓や頭、ヒレなどを全て処理をしておく」これが約束であるのだ。img_8924

実は、まだ結婚して間もない頃。
当時は今とは比べものにならないほど釣行回数が多かった。その際、魚を釣って来ては処理もせず溜まる一方。魚は悪くなり冷蔵庫の中で恐ろしい姿になり、さすがに女房からカミナリが落ちた‼️というワケだ。

『釣りに行くのは仕方がない。でも魚を持って来たいなら、絶対に最後まで魚の面倒をみよ。それが、約束やで‼️』こうして『魚持込禁止令』が我が家で発案され、可決となったのだ。それ以来、魚を処理するのは小生の役目となり、今もその法令はきちんと守られているのだ(笑)

だから、完璧に「お刺身」で食べれる様に下準備しておかないと『魚持込禁止令』で叱られてしまう。
いつでも食べられる状態にするのが、19年前からの我が家の条例。それを守りあとは食べ頃サイズに切るだけの状態にして冷蔵庫へと。

ざっとこんな業務をやっつけ、合間を見てはMacに向かいメールのチェックをしながら流し台をピカピカにしてGoldicに出勤。自宅での作業を無事終了したのでありました。

Goldicに出勤し、オープン準備を済ませてからは昨夜釣行時に使用したタックルメンテナンス。
「海水」「塩害」を常に頭に入れ、バッグ内やメインタックル等を釣行後の手入れ開始。

🔴プライヤーを乾燥〜グリスアップ、よし。image
プライヤーのサヤも雨でグチョグチョになってしまったのでライフジャケットごと乾燥させる。
プライヤーは、メインのプライヤー、スプリットリングプライヤー、共に乾いたタオルでまず拭き、潤滑剤で油分を付着させておく。

🔴パタゴニアのバッグ(グレードディバイダー)(ウェット/ドライダッフル)乾燥〜雑巾拭き、よし。
まず海水を被ったであろ両バッグをよく絞った雑巾で拭き、中身を全て出して乾燥させる。image
乾燥したら、ジッパー部分は「ZIP TECH」で滑りをよくしておく。img_8930
またブラックホール キューブのジッパー部分にも塗って塩害予防をしておく。
大切なものを永く使い続けたいので、この辺りは徹底。大好きなものだから、大切に扱えられるし、メンテナンスをしていると、楽しい。image

🔴リール、メタルジグ、ロッド水洗い、よし。
リールはドラグを緩め、水洗いしたリールを乾いたタオルで拭く。そして乾燥。ロッドはガイド周りを特に丁寧に拭く様にした。image
メタルジグは、タチウオに噛みキズを付けられたものを確認し、ジグからフックを外して水洗い。その後乾燥。

釣具に関しての釣行後ケアは、毎回の事なので短時間で出来てしまう。ルーティンになっているので、やり忘れもまずない。
しかし『魚持込禁止令』等我が家でのルーティンも限られた時間でやっつけなくてはならず、今日は大変な午前中でありました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu