『スポーツの秋』柔道に行けない毎日。されど《ランニング》で下半身強化の日々。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

『スポーツの秋』柔道に行けない毎日。されど《ランニング》で下半身強化の日々。

img_9265
最近、仕事のタイミングと柔道出稽古のタイミングが全く合わない。1週間の内、以前の様にガッツリ稽古が出来る日は1日有るか無いか。

今週などは、見事なまでに通っている高校が午後からの稽古だったり、道場にも中学生が期末試験前で来なかったり、八王子での出稽古は午前中に諸用が重なってしまったり…と。img_9257

『これじゃあ、ダメだ。直ぐに身体が訛ってしまい、柔道をしなくなる』
そんな気がして、少しの時間を利用してでもランニングだけはしっかりする様に意識して来た。身体を動かさなくなると、すぐに体重は戻ろうとするし、身体に常に緊張感を持たせ続けたい。
1年で97kgから80kg平均にせっかく体重も良い具合に落としたし維持しておかないと。

意識を高めておかないと、妥協してしまう。土砂降りの日は避ける様にしていますが、週2~4日は走っています。でも平均どうだろう、7km位かな。

ランに気合い入った時なんかは、10km頑張っちゃうけど、でもだいたいが7km前後。ゆっくり走って、10kmでも1時間。7kmでも1時間。要は、1時間を意識して走ることが小生のストレス解消になっているんです。img_9267

その際、意識しているのはランの前後で『アミノバリュー』【顆粒】を摂取する様にしています。栄養学的な細かな成分はわからないのですが、ラン前に摂取すると1時間気持ちよく走れ、ラン後に摂取して翌日に疲れが残らない。今の小生にはすこぶる合っている。img_9217

これ、封を開けて、そのまま口に顆粒を流し込む。口の中に程よい甘さのグレープフルーツに似た味が広がる。口の中ですぐに解けて、軽く水を飲むだけ。それだけ。img_9266

なんとなく「即効性」がある気がしてならない。ランしている時も、さほど疲れが出てこないし、寒くなって来た最近、途中「尿意」をモヨオスのも嫌なので合わせて言うなら「ポカリスエット」【ゼリー】をラン前に摂取するだけ。

それで十分に1時間走れるのです。

『アミノバリュー』【顆粒】をネットで調べてみると。
※BCAAは必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンの総称です。
アクティブな生活を送る方のコンディションおよびパフォーマンスをサポートします。※

こんなことが記されていた。釣りの時はメインに「ポカリスエット」【ゼリー】を優先して摂取する様にしているが、日々のランニング時は、最近『アミノバリュー』【顆粒】が絶対。

「走りたいという、意欲」が強烈に出るし、翌朝の疲れもさほど感じない。柔道の稽古が出来ない分、ランニングで気持ちよく自身を追い込み、体調管理を意識して職場へと向かう。img_9032

これが最近の小生の『スポーツの秋』柔道に行けない毎日。されど《ランニング》で下半身強化の日々。になっています。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu