【パタゴニアプロビジョンズ】フルーツバーとポカリゼリーは海上のお供。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【パタゴニアプロビジョンズ】フルーツバーとポカリゼリーは海上のお供。

2016-11-26-11-27-05
寒い時期の水分補給…。これがこの時期一番の悩みどころ。船上での動きが常に頭の中であり、いやはやどうしたものかと悩みながら、手探りをしている状態でありました。

以前「ポカリスエット ゼリー」の素晴らしさは書かせてもらいましたが、ポカリスエットゼリーと合わせて、もうひとつおススメしたいのが【パタゴニアプロビジョンズ】から発売となった「フルーツバー」が小生はここ最近のお気に入り。
2016-12-03-15-24-41
これ、たくさんのドライフルーツが凝縮され、船のポイント移動時などに小腹が空いた時など、ポケットに忍ばせておいて齧っては、口の中でドライフルーツを楽しむ様にしています。
2016-11-26-09-57-46
今までは、出船前に菓子パンと蓋が閉まる缶コーヒーだったのですが、これだけ寒くなるとコーヒーを飲むとすぐに尿意を催してしまい、釣りに集中出来なくなる。これが一番のネックだった。
2016-11-26-10-01-23(ポカリゼリーは小生のオフショアフィッシングにとって、無くてはならないものになっている)

また菓子パンは美味しいんだけども、必要以上のカロリーを摂取してしまい、帰港してからの晩ご飯時にカロリーを気にしなくてはならないのも嫌だったので、出来る限り「缶コーヒー&菓子パン」のセットはやめる様にして来た。

やっぱり疲れた身体で帰港し、そしてその土地の美味しい晩ご飯を食べたいじゃないですか。

でも、お腹は空く。
船上で動き回ると、そこそこ体力も使うので、空腹になっても集中力が低下するし、尿意を催すことでも集中力がかけるのが嫌だ、というワガママ?からの試行錯誤の末が、この『フルーツバーとポカリゼリー』に行き着いたのだ(笑)



(上記のフルーツバー画像をそれぞれクリックして頂くと、より細かな成分等が説明されており、またそこからご購入も可能です)

もちろん、カロリーメイトやスニッカーズのようなものでも良い。でも、小生は「オーガニックのフルーツバー」がお気に入り。2016-11-26-11-27-19

【パタゴニアプロビジョンズ】がリリースしているフルーツバーは、3種類。ひとつの大きさも35グラムでどうだろう、10センチ位の大きさかなっ。ポケットに忍ばせておくには、モッテコイ!
2016-11-26-10-15-30(釣りに集中出来れば、釣果も伸びる)

そして、スニッカーズのチョコレートがポケットの中で溶けちゃう様な事も無く、食べた後の口の中もフルーツのさわやかな風味が続くのがお気に入りのところ。

【パタゴニアHPより抜粋】
パタゴニア プロビジョンズ・マンゴー+アーモンド・バー 
遺伝子組み換え不使用の有機栽培の果物とアーモンド、チアシード、果汁のみを使用し、果物本来の風味とローストアーモンドの歯ごたえ、バオバブのかすかな酸味をいかした豊かな食感です。
未開封のバーは冷蔵不要で、常温保存可能。エネルギーが直ぐに必要なときにも便利な栄養価が高くおいしいバーです。
遺伝子組み換え不使用の有機栽培の果物、アーモンド、チアシード、果汁を使用したマンゴー+アーモンド・バー
果物本来の風味とローストアーモンドの歯ごたえ、バオバブのかすかな酸味をいかした豊かな食感
未開封のパッケージは常温保存可能
賞味期限が4週間以上の製品をお届けします
35グラム 1本
アメリカ製 
【パタゴニアHPより抜粋】

購入は、パタゴニア直営店や、もちろんネットでも購入が可能。味は3種類あり、特に小生が好きなのは、このマンゴー味。
2016-11-26-11-27-23
小生は釣行時にジグやリーダーを入れるグレートディバイダーの中に、このフルーツバーも忍ばせておき、釣行現場でポケットに入れておく様にして「ポカリゼリー&フルーツバー」を楽しんでいます。

1dayのロングタイムな釣行時はしっかり白米を摂取し、お腹を膨らませておきますが、半日などのショートタイムでの実釣時はあまりお腹を満腹にせず、こんな感じでエネルギー摂取をする様に心がけております。

何かの参考にでもなれば、嬉しいな。以前は、コンビニ弁当をふたつに、さらにサンドイッチ、1.5Lのコカコーラなんかをがぶ飲みしてのスタイルでしたが、最近は出来る限り軽食にして、集中力を高める様にしております。
2016-11-26-15-28-49
結構、その方が釣果にも効果が出たり、ジグの選択やフィールドの雰囲気収集、勘も冴える様な気がします。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu