【緊急調査‼️2017年ガサガサ遊び】今年はいかに?次男、興奮でガイドさん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【緊急調査‼️2017年ガサガサ遊び】今年はいかに?次男、興奮でガイドさん。


小5の次男、今日は振替休日で小学校がお休み。
朝から小生が爆睡しているベッドに入り込み、袈裟固めやら、横四方固めなどをして来るから、無視。しかし、それでは終わらない。腕にメチャクチャな関節技を掛けてきたり、締め技までして来るので仕方なく起きる…。

「釣りに行こうよ‼️」
そう言い出す次男。待て、待て!準備が出来ていないから…と軽く交わしてみたが、全く聞く耳持たず。
口説き落とされた小生『わかった!朝食済ませたら、ガサガサ遊び行こうよ‼️』と持ちかけると、素直にOK(笑)
急いで朝食を済ませ、魚取り網とバケツを用意し、いざ出陣(笑)

ガサガサ遊びが出来るポイントは、自宅から歩いて行ける距離。近所の友達が遊びに誘って来たのだが、次男全てお断り。もう、ガサガサ遊びにロックオンしちゃっているのだ。

「お父さん、今日は何が獲れるかなぁ?」次男は「タナゴが獲りたい!」と言うのだが、この辺りではタナゴは厳しいよと説得。
タナゴ獲りは、相模川で網(お魚キラー)を沈めないと厳しいと思う。今日は田んぼの用水路。ドジョウやザリガニ、川エビなどが中心になるはず。
ガサガサ遊び
とにかく親子ふたりは、田んぼの用水路へと向かった。
まだ田植えが始まったばかりだから、用水路の水量が多い。満水状態。これではガサガサ遊びは難しい。
いつも獲れる用水路を諦め「天の秘密の場所行こ!」次男が必ずやドジョウや小魚を獲る秘密のポイントを持っている様で次男の後ろを付いていく。

後ろから見る次男の姿は、まるでプロガイドが小生に釣り場を案内するかの様な勇ましい雰囲気。さて、どんなものだろう。期待してみよ。


「お父さん、ココだよ」
特別他の用水路と変わりのない、小さな水路。ここが次男の秘密ポイントなのだと言うが、やっぱりバカにしてしまう。
「ここで、獲れるの?(獲物が)居ないんじゃない?」ついいけないことを口走ってしまった小生。しまった…と思ったが、もう遅い。こんな言動は反省しないとな。まずは、獲物がいるか、どうか試させるべきだった。

『やるよ』
細い用水路のカミに歩いて行き、魚取り網を構えてでガサガサを始める。

『やったぁ!ドジョウ‼️エビ‼️サカナ‼️獲れたよ』タモ網の中には、小型だけどたくさん獲物が居る。次男、これでもか!と言うドヤ顔。
確かに、この何の変哲も無い用水路だけに獲物が生息していた。他の用水路は、全く獲れないのだ。
バケツの中身は、これだけです。動画で観て下さい。
バケツに獲物を入れ、次から次へとドジョウやら、川エビやらを獲っては自慢する次男。見ていて気持ち良くなる嬉しそうな笑顔。

生き物捕獲が好きなのは、きっと小生の血だろう(笑)長男は、嫌いではなかったが、次男ほど生き物捕獲に対しての好奇心はなかった気がする。

いや、獲れる獲れる。ドジョウは、まだ産卵が済んで小さなサイズばかりであったが、あと2週間もすれば、もう少しサイズも良くなるはず。

獲った生き物は、全てリリースした。またガサガサ遊びがしたいから、と次男の提案。
次男のリリースシーンの動画です。
午前中は、次男に付き合い、ガサガサ遊びの調査を兼ねてウロウロして来ました。近々、次男用の釣具を購入してあげる約束をしたので、量販店さんに次男と行こうと考えてます(笑)

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu