【TORQUE】平松慶氏監修、JAPAN初オリジナルPENNロッド始動。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【TORQUE】平松慶氏監修、JAPAN初オリジナルPENNロッド始動。


平松慶氏監修、JAPAN初オリジナルPENNロッド。日本のフィールド、体格にカスタムされたスペシャル・タフジギングロッド。※ピュアフィッシング広告より引用。

最新号「ソルトワールド」見開きページ一面に大きく描かれた「PENNブランド」広告。小生が監修しているスラマー3(スピニングリール)とJAPAN初オリジナルPENNロッドとなるTORQUE(トルク)の紹介だ。

今小生に向けられた期待は「一度PENNブランドは日本のオフショア市場からなくなった。これを復活させて欲しい」という要望であり、本格的な行動が一昨年秋からスタートして来た。

ペンリールと言えば、日本オフショア誕生期からの欠かせないアイテムであった。

スピニングリールで言えばそれがいつしか日本ブランドが世界一となり日本の市場からペンはほぼ姿を消していったのであった…。
これを何とかしたい…。どうしようか…。販売広告マネージャーと何度も打合わせを行ない、そしてペンリールのリリースまでやっと辿り着いたのだ。

反響は驚く程大きかった。これほどまで反響があるとは思っても見なかったが、しかし怖さは無かった。
一度でもスラマー3を触ってもらえれば、万人に納得してもらえるモノだと信じており、その結果がこうして「声となって」伝わって来ており嬉しい限りである。

さて。スラマー3と合わせて【TORQUE(トルク)】ネームで日本初のPENNジギングロッドからリリースするカタチになった。

小生と実釣を共にしているアングラーはよく見てくれているが、もう昨年からのテストは相当なものであり完成した【TORQUE(トルク)】ロッドを何人ものアングラーに実際実釣でさわって頂いたいりしてきた。

小生は「ケイフラット」というブランドも自身で起こしておりそちらでは「ケイシャフト」「ガミーシャフト」としてMADE IN JAPANモデルでリリースして来ている。

全て小生が思考設計からテスト、リリースまで行なって来たのだがこのケイフラットでリリースしてきたモデルに少しアレンジをしてブランクを中国で生産してもらいコストダウンを計りながらの開発であった。
平松慶が開発し、平松慶が納得するモデルなだけに、当然雰囲気も似させた。モデルのフィーリングを変えたくなかったし、それが「平松慶モデル」らしさ、になる。

最初のサンプルテストモデルは何本も使えないモノが出て正直「中国製はやっぱりダメだな…」という落胆意見を強く持っていた。
しかし開発チーム一丸となり「コストパフォーマンスの優れたモノ。国内需要で充分に威力が発揮出来るモノ」これをモットーに開発テストを続け、やっと完成モデルへと辿り着く事が出来ました。

【TORQUE(トルク)PHKS-63ML】※1ワン&ハーフジョイントグリップ 仕舞い寸法121cm
全長6,3フィート 標準自重186g 適合ルアー180g PEライン2~5号 メーカー希望価格¥33000-


平松慶が提唱する「線の動作」におけるメタルジグでブリ、ヒラマサを寄せた時の姿勢を重要視したいコンセプトが詰まったロッド。
ミディアムテーパーで設計し「ガミーシャフト」よりも気持ち張りを持たせて、メタルジグの形状に拘らずに操作出来る様なイメージで開発した。操作重視。掛けてからは、ロッドで寄せずにPENN スラマー3の強靭なギアとドラグを信頼して寄せる様にしたい。

【TORQUE(トルク)PHKS-63M】※1ワン&ハーフジョイントグリップ 仕舞い寸法121cm
全長6,3フィート 標準自重194g 適合ルアー230g PEライン3~5号 メーカー希望価格¥34000-


「点の動作」に対して相異なるフィーリングモデル。メタルジグを線で引く姿「線の動作」に合わせた平松慶提唱のワンピッチアクションでブリ、ヒラマサといった青物を狙ってもらいたい。
メタルジグを遠投する。「ジグの着地点から船までの長い辺」をジグのトレースラインで線を描くことで魚(ターゲット)の層を広く探る事が可能であり、ジグが横への移動がより魚の好奇心を生む。

「ジャガジャガ巻き」に称するワンピッチアクションで好奇心旺盛なターゲットを引きつける様に。PENN スラマー3HSモデル(赤/黒)タイプとセッティングして組み立てている。

【今後の販売予定を少し告知します】

この2機種から今年2018年6月中旬、ピュアフィッシングからリリースされます。そろそろGoldicでも予約販売を開始したいと考えております。(PENN スラマー3が落ち着く5月頭頃かなっ)

この価格帯、そして平松慶が徹底的に使い込み、ヒラマサ、ブリを釣り重ねて開発したロッド。
今、メインタックルで使用しております。そしてメインタックルだけに「ここ一番、よい結果」に繋げてくれています。
コストパフォーマンスが優れ、仕舞い寸法も121cmであり、更に販売時はハードロッドケース(黒色のカーボンデザイン)PENNロゴでのロッドベルトも標準装備となります。(ロッドベルトはまだ画像ありません)

初回生産本数は限られております。早い対応をおススメ致します。※これ、マジです…。

Goldic HPの予約フォームはPENN スラマー3の様なしっかりとしたページにならないかもしれませんが、そこはご了承下さい。
絶対に満足してもらえるロッドです。どうぞ宜しくお願い致します。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu